fbpx

〔UGO BOSS の 視点 Vol.12〕ギグ・エコノミー/働き方は、改革なのか?改悪なのか?

最近、政府も主導していることもあり「働き方改革」って言葉は、私たちの身近に定着して、ニュースや記事で目にしない日はないほどになってきましたね。

その働き方改革の一つのカタチとして、僕自身は「ギグ・エコノミー」とか「ギグ・ワーカー」というキーワードを気にしています。

ギグ・エコノミー(gig economy)とは

単発の仕事を受ける働き方や、それによって成立つ経済のこと

厚生労働省の「働き方改革」の取り組みについてのホームページを見ると

  • 長時間労働の是正
  • 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保
  • 柔軟な働き方がしやすい環境整備
  • ダイバーシティの推進
  • 賃金引き上げ・労働生産性向上
  • 再就職支援・人材育成
  • ハラスメント防止対策

に、取り組まれているようで、ギグ・エコノミー(ワーカー)については、3つ目の「柔軟な働き方がしやすい環境整備」に含まれている「副業・兼業」によって促進されているのかなぁ?って思います。

この施策についての賛否を話すつもりはありません。

僕自身、コンサルタントとしての活動は単発的なギグ・ワークだからです。笑
(ちなみに僕は、顧問料など継続的なコンサル報酬は受け取っていません)

ただ僕の場合は、幸いにして「ギグ・ワークもやっている」という状態で、コンサル業の他に、継続的な収入を確保しています。

今日、この記事を書きながら考えたいのは「ギグ専業」の方々のことです。

安易な独立・起業が増えてる気がする・・・

最近、本当に悩ましいのが、身近な友人・知人がとても安易に独立や起業をしていて、うまく行かなくて(食えなくて)相談に来るケースが増えています。

もちろん中には、立派に成功されている方もいますが、それはホンの一握り・・・。
多くは単発の仕事をこなすギグ・ワーカーとして、明日の仕事があるか?ないか?という働き方(生き方)になってしまっています。

好きなことを仕事にしちゃってる・・・

起業して、うまく行かずに相談に来る方々には、共通点があります。

それは「本当によく考えたり、自分を見つめたりせず、好きだと勘違いしてることを仕事にしちゃってて、薄々気づいてるんだけど辞めるに辞めれない」です。

僕は、好きなことを身軽に気軽に始めちゃって、うまく行かないって人から相談を受けると、ほとんどの場合「一旦辞めて、どこかで働きなさい」って提案をしますが、相談に来てるハズなのに、あら不思議・・・。

ほとんどの相談者は、辞めるという選択をしません。

僕から見てて、好きでやってるように見えないんです

もう一つの共通点が「好きなことやってるハズなのに、死ぬほどやってない」です。

僕は本が好きで、読書が好きです。
僕はコーヒーが好きで、カフェも好きです。

だけど、仕事にはしていません。

好きだからです。

僕は本が好きすぎて、もし本屋をやったら、好きな本は誰にも売りたくないので、売れないでしょうし、自分の本屋の本をずーっと読んでて本屋の経営なんてそっちのけでしょうね。汗

僕はコーヒーが好きすぎて、色んなカフェを飲み歩くのが好きなんで、好きだからって理由でカフェなんかやったら、自分の店に縛られてストレス溜まっちゃいます。

僕は好きだと、死ぬほどやっちゃうんです。

だから、好きなことは仕事にしません。死ぬからです。笑

でも、好きなことを仕事にしたという方々は、僕から見ると「本当に好きなの??」と思えるほどしか、その仕事をしていません。

でも、ギグ・エコノミーに成功して欲しい

決して、好きなことを仕事にしていることを否定なんてしていません。
本当に実現している方も知っていて、尊敬しているし、やっぱどこか羨ましいです。

で、もし、ギグ・ワーカーとして成功したいなら、こんな提案かな?と思ってます。

自分なりの成功をちゃんと定義する
身の丈にあった目標を設定してみましょう。
定義したら、何がなんでもやり切る
勘違いもあるかもしれませんが
自分が好きだと思い込んで始めたんだから
とことんやりましょう。
時間を大切にする
単発の仕事は、目に見えないところで
ムダが多いんです。
特に「時間」は強く意識しましょう。
自分の時間も、相手の時間も。
無理せずに、一旦やめちゃう
せっかくの好きなことが
嫌いになっちゃう前に
やめちゃいましょう。
食べるための仕事なら
星の数ほどあります。
(日本って良い国です)

2018年8月現在、僕個人の見解は・・・

ギグ・ワークの選択は、働き方改革 ではなく、働き方改悪

僕自身が、ギグ・ワーカーをちゃんと支援・サポートできるような器になろうと思います。

 

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ