fbpx
  • HOME
  • BLOG
  • 3分間の物語vol.442「君がいたから」

3分間の物語vol.442「君がいたから」

こんにちは、作詞家のMikeyです。

歌は3分間のドラマに例えられることがあります。
そんな短い物語である「歌」、私が書いた歌詞や詩をご紹介していきます。

第442回目の今回は、一体どんな物語なのでしょうか…

3分間の物語vol.442「君がいたから」

 

空のかなたに光る星を 眺めてると胸が痛くて

もう二度と戻らない過去を 風が吹いて心震わせる

 

君がいたから そばにいたから

強くなれたあの日から今

どんなに月日が経っても

ずっとまだ きみのくれたぬくもりを抱いて

 

迷わないよ これからはちゃんと

ひとりでも生きてくの

だけどまたいつか君に会えるなら

今度はもう離れないで

私が守ってあげる どんな時も

 

迷わないよ 目を閉じていても

感じる光がある

約束はいらない信じてるから

どこかで繋がってるから

私の心の中に どんな時も

いかがでしたか?
あなたの琴線に触れることができたらこの上なく幸せです。
それではまた!

 

公開作品の中には、すでにメロディがついて、メジャーで歌われていたり個人的に歌っていたりする物もあります(主なメジャー作品はコチラ)。
歌としてご利用希望の方や楽曲制作のご要望などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

また、Kindleで詩集や作詞本などを発売中です。

作詞家への裏道navi 体験版 (CREATOR'S NOVA) 作詞家への裏道navi vol.1 ー初級編ー (CREATOR'S NOVA)

 

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ