fbpx

3分間の物語vol.473「Rain」

こんにちは、作詞家のMikeyです。

歌は3分間のドラマに例えられることがあります。
そんな短い物語である「歌」、私が書いた歌詞や詩をご紹介していきます。

第473回目の今回は、一体どんな物語なのでしょうか…

 

3分間の物語vol.473「Rain」

 

雨が降るたびにまた 思い出あふれてくるの

夜が隠してくれるから 今なら泣いてもいいかな

 

終わった恋に振り回されないように

忘れたつもりだったのに

 

ひとつの傘で 濡れないように 二人で肩寄せて

見つめあって 笑いあった あんなに愛してたのに

もう戻れないよ

でも忘れられないよ

 

自分の影に振り返ってしまう

終わらない迷路みたいだよ

 

晴れた日より 雨の日の方が たくさん覚えてる

優しかった 優しすぎた どうしてここにいないの

また眠れないよ

まだ忘れられないよ

いかがでしたか?
あなたの琴線に触れることができたらこの上なく幸せです。
それではまた!

 

公開作品の中には、すでにメロディがついて、メジャーで歌われていたり個人的に歌っていたりする物もあります(主なメジャー作品はコチラ)。
歌としてご利用希望の方や楽曲制作のご要望などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

また、Kindleで詩集や作詞本などを発売中です。

作詞家への裏道navi 体験版 (CREATOR'S NOVA) 作詞家への裏道navi vol.1 ー初級編ー (CREATOR'S NOVA)

 

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ