fbpx

3分間の物語vol.522「裸足の恋」

こんにちは、作詞家のMikeyです。

歌は3分間のドラマに例えられることがあります。
そんな短い物語である「歌」、私が書いた歌詞や詩をご紹介していきます。

第522回目の今回は、一体どんな物語なのでしょうか…

 

3分間の物語vol.522「裸足の恋」

 

シンデレラみたいな

ガラスの靴は 砕けてしまったの

裸足でひとりきり 迷子になったみたい

 

もう何年もkissしてないし

恋の仕方も思い出せないよ

努力するほど

目指した場所が遠く遠く離れてく

 

コーヒーの海で溺れる

アイスクリームみたいに

 

叫びたい! この気持ちを 君まで届くように

自分だけの靴を探す 日々はもう終わりにして

新しい道は二人で ゆっくり歩きたい

手をつなぎながら 笑って

裸足のままでいいから そばにいてね

いかがでしたか?
あなたの琴線に触れることができたらこの上なく幸せです。
それではまた!

 

公開作品の中には、すでにメロディがついて、メジャーで歌われていたり個人的に歌っていたりする物もあります(主なメジャー作品はコチラ)。
歌としてご利用希望の方や楽曲制作のご要望などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

また、Kindleで詩集や作詞本などを発売中です。

作詞家への裏道navi 体験版 (CREATOR'S NOVA) 作詞家への裏道navi vol.1 ー初級編ー (CREATOR'S NOVA)

 

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ