fbpx
  • 脚本家の視点
  • 映画やシナリオの作り方の視点から、日々のもやもやを取り除いたり、行動したいと思えるようなきっかけになる記事を発信していきます。

才能よりも大事なもの

「あの人と一緒に習いごとをはじめたのに、私の方は全然上手にならない」「後輩の方が仕事ができる」など、私才能ないのかなぁと落ち込むことはありませんか?

自分の興味の無い分野でしたらあまり精神的なダメージは少ないかもしれませんが、好きなコトで人より出来ない場合は落ち込みますよね。でも大丈夫。才能がないと諦める前に出来ることはたくさんありますよ。

一流になれるのは○○できる人

料理人や小説家、脚本家、スポーツ選手などさまざまな職種があります。プロになるにもさらに一流になる人には才能や運が大事です。

でも何よりも大事なのはやはり『ずっと好きでやり続けること』これにつきます。

とある小説家の人も言っていました。

「私がプロで活躍できているのは、周りの人たちより長く書き続けたからだ」

人が何かに習熟して、その世界でトップレベルになるためには1万時間練習や継続するとよいとこの本では書かれています。毎日3時間練習し続けるのならば10年。毎日8時間練習し続けたら3年で一流までいくことが出来る計算です。

好きでもないものに毎日毎日3時間も時間を費やすことは難しいですよね。好きだからこそ続けられる。まさに「好きこそものの上手なれ」です。一流になれるのは継続して練習出来る人なのです。

『才能』という言葉を逃げの口実にしないで

「私には才能がないから辞めよう」と思うのは簡単です。

人によって上達の早さは違います。最初からぐんぐん上達していく人。最初は低空飛行だけれどもあるときにコツを掴んで急上昇する人。様々なタイプがあるので最初の方で「才能」を理由に練習しないのは単なるいいわけです。

努力もやり方があります。人から言われたことをそのまま練習するのも最初はいいです。しかしそれで成果が出ないということは、他に勉強した方がいいところがあるということ。

例えば脚本を描く場合は、名作の映画を分析しているだけでは上達しません。自分の好きな作品を描き続けるだけでもダメです。構成を勉強した方が良い場合もありますし、キャラクターの作り方を学んだ方がいい場合も。

「これだけ勉強していれば成功する」そういった練習はありません。自分のどこが足りないのか、どこを伸ばせばもっとよくなるのか、常に考えて行動することはとても大事です。

そうやって行動し続けて成功した時にあなたの『才能は開花した』ことになります。ですので、もし成功したいのであれば、成功するまで行動を継続してください。

Copyright © 2018 脚本家の視点|scenariowriters.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ