fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

自分以外商品を売ってみてください。営業の極意がわかります。

必ず売れるあなたにします
神速で決めるセールスマスターの高畑です。

31475_fff568c8-5474-4966-bc11-521effa79e7e_4_5005_c

神速でお客様が増えた77の秘訣

プロローグ4

前回の、ブログで
川原悠伍さんから連絡があり

「一ヶ月以内に、
営業を極めるなら、私やかおりんが
教えるので、その学ぶ場を、高畑さんが
創ってください」

と名古屋でお話を頂いてのはいいですが
全く人に話を聴いてもらえないと
困り果てていました。

前回のブログはこちらをご覧ください。

そんな時、川原さんに教えて頂いた言葉

“相手にとって必要なものを売る”

それを思い出して、これまで一緒に
学んできた仲間や、仕事の仲間の
ことを思い出して、

フェイスブックの友達リストを見ながら

「学びを活かして仕事うまくいってるかな?」

「サプリの販売で稼げているのかな?」

「セミナー売れてるのかな?」

今、相手はどうしているか?と
考えるようにしました。

そして
「話せる時間あったら教えてください」

メッセージを送って電話ができる相手と

今の現状はどうか?

学びはいかせているのか?

そして売れているのか?

と聴きました。

そしたら、

「まだまだ売れなくて
稼げていなくて困っている」
という方が大半だったんですね。

そのまま連絡が取れる相手と
名古屋から奈良に帰る道中
ずっと電話をしながら、十数人と
今の状況を聴いていきました。

自分以外の商品を売ることができた瞬間

そして、一人一人に

2019年5月
から川原塾で学んでいたこと。

全く売れない営業だった私が
売れるようになってきたこと。

もっと川原さんから営業を学びたい
気持ちから分科会を立ち上げること。

電話をしながら、川原さんの営業の学びを
必要だなと思った人に伝えていきました。

そしたら、必要だと思った相手の人
9割以上の方が

「ぜひ参加させてください。
 学んで売れるようになりたいです。」

と向こうからおっしゃってくれたんです。

“相手にとって必要なものを売る”

そう、その瞬間が、川原さんやかおりんさん
から営業力を本当に身につけたかったら

”自分以外の商品を売ってみなさい”

と言われたことが実践できた瞬間でした。

それはこれまで、住宅営業で、なんとか
契約をもらうために、あれやこれやと
考えていた感覚とは全く別のものでした。

自分以外の商品を売るというのは
その商品が誰のどんな困りごとを
解決できるのか?

また、自分の周りの人がどんな
困りごとを持っているのか?

それを知る努力が必要だったんです。

このブログでも後に何度も出てきますが
営業の仕事とは売ることではない。

“世の中の困り事を解決して
 世の為、人の為になること”

そう川原さんは何度もお伝えくださいます。

そして月会費8000円の営業分科会は
22名集まり9月24日よりスタート
しました。

プロローグが長くなりましたが
次回からは
私の営業の師匠である川原さんから
学んだ営業の秘訣を書いて参ります。

これまで8000人の営業マンを
誰一人欠かす事なく
目標達成させてきた川原さんや
豪華講師陣
から営業を学び実践する「学舎」が

川原塾営業分科会です。

まず下記から、えっ?こんなに充実した
内容が月額2200円?と絶対に
思ってもらえるので見て下さいね!

https://www.reservestock.jp/conclusions/ODhmNDQzYjA4Y

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ