fbpx

梅雨でも安心!防水スプレーを使った革靴の防水処理の方法とは?

スーツを着用したビジネスマンなら、雨の日や梅雨の時期に革靴をはかなければいけない事は多々あります。雨に濡れると革靴が濡れて重くなり、劣化を早める原因にもなります。
そこで、今回は雨に濡れてしまって起こりうる革靴の劣化や、防水処理の方法に至るまで解説します。

雨は革靴に大敵

雨は革靴にとって天敵とよく言われますが、なぜ雨の日に革靴はダメなのでしょうか。

・革は水分を嫌う
そもそも革というものは、水分を吸うと革の繊維が硬くなり、型崩れが発生します。その状態で乾かすと、さらに硬くなってしまい、ヒビ割れの原因にもつながります。

特に、表面上をコーティングされていないヌメ革(染料や染色仕上げを行っていない牛革)は、シミになりやすく、水分を嫌います。大体の革靴はコーティング(顔料仕上げ)されているものの、年数や使用頻度よって剥がれていき、次第にヌメ革に近い状態になっていくので、年々リスクが高まるのです。

・雨ジミができる
黒以外の、色物の革靴に発生しやすい現象です。水分量が多い場所と少ない場所での差で発生します。つまり、革靴が大量に水を含んでしまった場合、いくら水に含んだとしても均一には濡れない為、ムラみたいなシミ跡が靴に残ってしまうのです。

だからといって、ドライヤーで無理に乾かそうとすると、かえって雨ジミが残りやすくなり、より大惨事を招く形になります。また、ドライヤーは革自体にもダメージを与えます。

革靴の防水処理の手順

雨の日でも、きちんと防水処理を行うことにより、水分から大切な革靴を守ることができます。そんな雨の日対策としての防水方法の手順をお伝えします。

・革靴用の防水スプレーを使用する
最もオーソドックスな方法の一つ。これを靴にかけることにより、フッ化炭酸樹脂が外部・内部への水の浸入を防ぐことができるのです。たとえば、フッ素加工が施されているフライパンは水を弾いてくれます。同様にフッ素の樹脂を革靴に取り入れることで、フッ素加工のフライパンのように水分を弾いてくれるのです。

また、防水スプレーはそれだけに留まらず、汚れや傷の防止にも効果があるので、雨の日以外でも効果のあるスプレーとなっているのです。もちろん革靴ばかりではなく、バッグや衣料品にも効果があるので、雨の日でもレザーバッグを使用したい場合、なるべく服を濡らしたくない場合はスプレーをかけても良いでしょう。

防水スプレーのかけ方は、近づけ過ぎず、全体に万遍なくかけるのがポイント。また、事前に汚れやホコリを落としてから使用するようにして下さい。

なお、注意点として、エナメル、オイルドレザー、オイルドスエードはシミになったりヒビ割れしたりする原因があるので、防水スプレーはかけないようにしましょう。そもそもこれらは既に防水性に長けている作りになっているので、防水スプレーは必要ありません。

また、ヌバック(ベルベットのような革)、シープスキン(羊革)、ワニ革、ヘビ革、ハラコ(生まれる前の牛革で、現在動物保護の観点により、生産中止)にかける場合は、防水スプレーによって使い方が異なる為、説明文をよく読んでから使用して下さい。もし、記載がない場合は避けた方が無難です。

革靴におすすめの防水スプレー2選

防水スプレーは使い勝手が良いことがおわかりいただけたかと思います。では、一体どんな防水スプレーが良いのかが気になるところ。ここでは革靴にオススメの防水スプレー2つをご紹介します。

・防水スプレー Collonil(コロニル) No.0071-sisa
防水をするだけに留まらず、シダーウッドオイル(ワックス等に使用されている、革に栄養を与えてくれるもの)が含まれたスグレモノ。メタリック素材のエナメルやヌバックにも使用可能な、革靴分野では幅広く対応できる防水スプレーです。
スプレーに色が付いていないカラーレスタイプのため、どんな色の革靴でも使えます。もちろん、革靴だけでなく、バッグや衣類にもかけることができます。

www.factus-homme.biz/fs/factus/item-0071-sisa

・防水スプレー Collonil(コロニル) No.0072-sisa
先程の防水スプレーとは異なり、こちらは革にツヤとしなやかさを与えてくれる「ビーワックス」が配合されています。エナメルやヌバックには対応していないものの、ツヤ感のあるスムースレザー(滑らかな革)やコードバン(馬の尻革)にも適した防水スプレーです。その為、革靴や衣類、バッグだけでなく、皮革製品を用いた家具(ソファー等)にも対応可能です。
もちろんこちらもカラーレスで、どんな色の革靴に使用しても問題ありません。

www.factus-homme.biz/fs/factus/item-0072-sisa

侮るなかれ!防水スプレー

防水スプレーは他の防水タイプに比べて、手軽でムラもできず簡単に革靴に利用できるのがポイント。また、バッグや衣服にも使用できる上に、汚れや傷を防いでくれる便利な機能もあります。

スプレーひとつで雨の浸入を防いでくれるので、「雨が降って革靴がダメになってしまう」なんて心配は無用。この記事を参考にしていただき、梅雨の時期を簡単に乗り切りましょう。

Copyright © 2018 消費者の視点 | Consumer's View All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ