• モダンアート
  • 美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信

スクワットという文化と59Rivoli

パリには恐ろしい文化がある

「スクワット」という文化だ

 

よく分からないが

空き家に人が勝手に住み込み、2週間を経過する。そうしたら追い出せないらしい

ようするに勝手に住んで、その後居座るという恐ろしい文化なのだ

 

そもそも「2週間」って誰が測っとるんやてw

 

 

完全にナゾである

 

※車の飲酒運転もパリは「3杯までなら良い」という文化です。これも同じく「誰が測っとるんやて」

 

 

そんなスクワットの物語

 

パリの真ん中に位置するリボリ

このリボリで昔3人のアーティストがビルを占拠した

ようするにスクワットである

 

その後、彼等の元に一人また一人とアーティストが集まり

いつの間にか、観光地とかしてもまったビル

 

その名も

「59Rivoli」

 

 

行って参りました

 

「59リボリ」

パリの中心、シャトレ近くのリヴォリ通り沿いにリヴォリ59(RIVOLI 59) というアーティストの合同公開アトリエがあります。6階まであるビル全体が30名くらいのアーティストのアトリエになっています。

 

 

壁やら天井やら、どこまでも絵が描いてある

少しイカレた空間でしたが

 

 

 

ココで活動してるアーティスト達は

”生きてる”感出てた

 

めっちゃ刺激的でした。

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ