fbpx
  • モダンアート
  • 美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信

バカンス行かない人達の”パリの夏”満喫風景

NYCより戻り、まだまだつづく2014年日記です

 

夏のパリといったらバカンスシーズン

ってな訳で閉まる店もあり、街も静かに…

 

でも陽気なパリジャンは沢山いる訳で

 

んで夏のパリといえば

Paris-Plages

パリプラージュ

ですな

 

〜wikiによると〜

フランスの都市の住民は、毎年夏、特に8月になると、海辺や地方に避暑する慣習があった。天候が暑苦しく湿度が高いため、パリは避けられるが、中心部は観光客で多くなる。毎年夏には、多くの住民がパリに残ることを余儀なくされていた。このパリ・プラージュの企画は、暑苦しい市内に取り残された問題を解消するための避暑地として、新しく選出された社会党の市長、ベルトラン・ドラノエにより、2002年に促進された。

 

なんとも斬新な企画w

もちろん満喫させてもらいましたw

セーヌ川では泳げないんだけど

シャワーとかもあって

本当にビーチって感じでみんな昼間っから太陽と戯れてましたなw

 

それと思い出深いのが

公園!

みんなピクニックが大好きなんですね〜

 

子供かっ!

 

あ、大人ね

 

 

こんな沢山の人が公園でピクニック

 

でもこの目的はというと…

 

夜の帳が下りる頃…

公園がもっと騒がしくなり

 

エアで膨らませたモニターに映画を映す

 

よく海外の映画での1シーンで出るアレですよアレ

 

派手にバカンスに出かけて…

ってのも粋だけど

こうやって特別な日常を味わうのも粋ですな

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ