fbpx
  • Webライターの視点
  • 「もっと文章力をアップしたい!」と思っているみなさんに、「WEBにおけるライティング」について発信中!

【どうしたら文章ってうまくなる?】ら抜き言葉の未来はどうなる?

ら抜き言葉の立ち位置

最近はあまり強く批判されなくなってきた、「ら抜き言葉」

間違いなく文法的には誤りなんですけどねー。

最近では、出版社の編集にも、著者の「ら抜き言葉」を修正しない人もいるそうです。
私の知り合いの編集さんにはさすがにいないですけど。

食べれる・起きれる・見れる・考えれる・覚えれる・信じれる

などなど、たくさんありますが、本来は、

食べられる・起きられる・見られる・考えられる・覚えられる・信じられる

ですね。
でも、これも時代の流れで容認されていくんでしょうか……。

 

今のところは、ら抜き言葉は間違いです

しかーーし!
今のところ日本語検定では、この「ら抜き言葉」は間違いとなっているので要注意ですよ。

「られる」にするべきかどうかのチェック方法は、各動詞に「ない」をつけてみて、「ない」の上の音がア段以外になるかどうかです。

「ない」の上の音がア段以外になる動詞には「られる」をつけると覚えてしまいましょう。

いつかは容認されてしまうかもしれない「ら抜き言葉」ですが、誤りとなっている今は、書く時は注意しましょうね。

 

 

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ