fbpx
  • Webライターの視点
  • 「もっと文章力をアップしたい!」と思っているみなさんに、「WEBにおけるライティング」について発信中!

【どうしたら文章ってうまくなる?】文節のカップリング

 

文章を読みやすく、分かりやすくするための細かいテクニック

2つ、書きますね。

まずは、主語と述語はできるだけ近くに置くこと。

例文です。

●当時、高校生だった私は、市民会館で開かれたピアノコンサートで、ショパンの「別れの曲」を弾きました

 

もちろん意味は伝わるんですが、書くとするなら、

●市民会館で開かれたピアノコンサートで、高校生だった私はショパンの「別れの曲」を弾きました

 

この例文は短いですが、もっと長い文章を書いた時に、主語と述語の間にたくさんの修飾語などを入れると、意味の分かりにくい文になってしまいます。
主語と述語をなるべく近くに置くことで、分かりやすい文章になります。

次に、修飾語は被修飾語の近くに置くこと

例文です。

 

●決して私は、そのような立派な人間ではありません

これも意味は伝わりますが、次の方がより伝わりやすいです。

 

●私は、そのような立派な人間では決してありません

 

こういう位置の関係は細かいようですが、少し意識するだけで読み手にとても親切な文章になります。

自分の書いた文章の主語や述語、修飾語の位置を常にチェックするようにしましょう。

 

 

 

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ