fbpx
  • Webライターの視点
  • 「もっと文章力をアップしたい!」と思っているみなさんに、「WEBにおけるライティング」について発信中!

【どうしたら文章ってうまくなる?】『てにをは』は省かない

文章に必ずある「てにをは」

今回は文章の基本、「てにをは(助詞)」のお話を。

誰かと会話するときに、無意識に省いてしまっている助詞があります。
すごく簡単な例でいうと、会話では、

「私、ライターなんです」

これでOKですが、文章にした場合は、

「私ライターです」

と書かないといけません。

2018

細かいことだけど、書いてしまがちな文章

他にも例を挙げると、

会話 「洋服を買うたび、また買ってしまったと後悔します」
文章 「洋服を買うたび、また買ってしまったと後悔します」

会話 「今、資格取るために勉強してます。」
文章 「今、資格取るために勉強してます。」

など、知らず知らずに省いてしまっていることないですか?
とくに友人へのメールだと、話し言葉で書くことも多いので、「てにをは」抜きの文章がありがちです。

細かいことのようですが、ふだん気をつけていないと、きちんとした文章を書かないといけない時に、何だか間の抜けた文章になってしまいます。

他にも助詞を使う時の落とし穴や、ありがちな間違いがあるので、それにも今度触れてみますね。
 

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ