fbpx
  • AI(人口知能)
  • 「人工知能〈AI〉」との共存、共生する世の中を見出し発信。

トヨタが車メーカーをやめる!?トヨタイムズから読み解く新しい時代のキーワード

 

こんにちは!AIライターの伊藤です。

お正月早々、興味深い広告が新聞に。

それはトヨタの広告。イマドキの時代を象徴するような広告だったのでこちらでシェアしつつ、

2019年にとても重要なビジネスの視点についてお伝えしていきたいと思います。

まずは新聞見開き2ページ分を使ったこちらの広告。

下の方に書かれている文章の内容はこちら。

 

未来を、 どこまで楽しくできるか。

その男はこう宣言したという。

「クルマをつくる会社ではなく、モビリティカンパニーになる」と。

あのトヨタの社長が、車メーカーやめるって‥ さりげなくとんでもないこと言ってないか?

それだけじゃない。

「この日本から、本来のモビリティ社会を作りたい」

「どこいにても自由で。誰もがつながって。 ライフスタイルどころか、街の在り方までも変えていく」

「われわれはクルマではなく未来をつくる」

語る内容がいちいち大すぎてピンとこない。

だいたい企業ってさ、いつも変わる変わるって言ってるよね。

ホントに変わるの?そのあたりを体当たりで取材して、ガチの本音やおもしろい情報を引き出していきますよ。楽しいこと話してないと、楽しい未来にならないでしょ?

(編集長 香川照之)

引用は以上。

文中にある「トヨタが車メーカーやめる」までは言い過ぎなのかもしれませんが、企業の方針や打ち出し方を丸ごと変える想いと勢いが伝わる内容ですよね。

日本を引っ張るあの大企業が、「モノを売る視点」から「ライフスタイルを売る視点」へと変化したということ。

これって、時代の流れを大きく感じませんか?

今までは私達はただ「モノを通しての便利さ、快適さ」を売ったり買ったりすることが多かったのかもしれません。

しかし、AI時代に突入した今、これからの世の中の流れは「モノの奥深くにある目に見えない感情や価値」を重視することがとても大切になります。

ただコスパがいい、それだけでは商品が売れない時代。

コスパがいいのはもはや当たり前であり、なおかつ、その商品が「お客様が望むライフスタイルとマッチするものなのか」が大切になってきます。

トヨタの広告からもわかるように、2019年はその流れが日本でも始まり、浸透し始める年になるでしょう。

あなたは、あなたの売っている商品を通してどんな「感情」をお客様に売っているのでしょうか?どんな「新しい価値」を売っているのでしょうか?

目まぐるしく変化する時代に生きる私達。

仕事始めの前に、ぜひ一度考えてみませんか?

答えが出た方はぜひSNSで「#AI時代の視点」でシェアしてくださいね^^

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ