fbpx
  • GEEKな視点
  • 世代、性別、国、地域を越えて、ギークな奴らがあらゆるジャンルのカルチャーを発信。

熱田神宮詣でのお土産には、今も昔もきよめ餅

でれーうまいでかん

 

「熱田神宮詣でのお土産には、今も昔もきよめ餅」

って聞いた事あります?

 

岐阜出身の僕はこの餅の事「きよみ餅」と思ってました

 

 

伊勢の”赤福”も良いけど、名古屋だったら”きよめ餅”だがん

らしい

 

「きよめ餅」とGoogle先生に聞くと…

天明5年(1785年)頃、参拝者で賑わう熱田神宮にきよめ茶屋が設けられ、きよめ餅を売り出した所、評判となり、熱田神宮名物となった

とある

 

だけどもだっけっど!?

敢えて誰とは言いませんが

 

十数年前から可愛がってもらってます名古屋の先輩

この方、某自動車メーカーのシートを作ってらっしゃる巨大な工場の三代目社長でして

 

先日都内で行われた忘年会にお土産として、きよめ餅を持参し

「この会社は大昔に3人の若者が創業したんだけど…

その中の一人がうちの爺っちゃんでさ

え—— !!!!!!!

 

そりゃびっくりするでしょ

十数年関係があって知らんかった事も驚いたけど

それより何より

先輩が三代目社長って事だから

「爺っちゃん」って初代社長ですよね?

 

初代様は色々な事をやっていた方だと言う…

凄いパワーでしたね、初代様(汗

 

それにしても

きよめ餅

でれーうまいでかん

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ