fbpx
  • 暦の視点
  • 難解とされる陰陽五⾏理論を誰もが楽しみながら⾃然にマスターできる「吉報道®」を提唱している。

未来を予言する映画。今年を予言する映画。

おはようございます!
吉報士®の佐藤です。

昨日、激アツな映画を観てきました。

池井戸潤 さん原作の映画
空飛ぶタイヤ』です。

下町ロケットよりも以前に
発表(2006年)された
作品を今年映画化なんですね。

なぜこの時期に??
不思議だ。。

と思ってましたが映画観ると納得。

内容が、完全に九紫火星なんですよ。

『空飛ぶタイヤ』に限らず

原作者や映画会社が
暦を意識して製作しているとは思いませんが、
結果的にその年のテーマに沿った映画が多いんですよね。

それから…

ドローン、バイオテクノロジー、フィンテック、ブロックチェーン
ロボット、仮想通貨、情報セキュリティ、人工知能、電磁波シールド
量子コンピューターなどなど

僕たちの未来を予言するような映画もいっぱいあります。

あっ…もちろん、僕が
完全にそっち系で観てるからですが。笑

話を戻して『空飛ぶタイヤ』
もともと魂が震える映画ですが

「2018年のテーマ」
っていう意識で観ると
違った角度でも魂が震えるハズです!

ぜひご覧あれ!

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ