fbpx
  • ペット
  • ペットと楽しく過ごすヒントが満載
  • HOME
  • BLOG
  • ペット
  • お散歩中に咳き込んじゃうワンちゃんは胴輪にした方がいいの?

お散歩中に咳き込んじゃうワンちゃんは胴輪にした方がいいの?

お散歩中にちょっと引っ張っただけで咳き込むワンちゃんを見ると心配しますよね。
ひどい時には吐くこともあるのでしたら、毎日このままの状態でお散歩していいのか悩むことも。
毎日のお散歩に首輪を使っているのでしたら、首が苦しくて咳き込んでいるのかもしれません。この機会に胴輪を検討してみてはいかがでしょうか?
首や器官の弱いワンちゃんの特徴や、おすすめのハーネスもご紹介いたします。

●咳き込んでしまうワンちゃんって、どんなワンちゃんが多い?

どんな元気なワンちゃんでも、風邪をひいたりして咳き込むときもあります。
しかし元気に走り回るのに、お散歩の時だけ咳き込むワンちゃんはもしかして首輪だと首が苦しいのかもしれません。
そういう場合は、首輪で引っ張られることによって咳き込んだり吐いてしまう可能性が高いです。
全部のワンちゃんが首輪をしていて引っ張ったら咳き込むというわけではありません。首輪でお散歩すると咳き込みやすいワンちゃんはこちらです。

◇子犬

子犬はまだまだ器官が発達していません。
しつけも十分でないときは、興味あるものを見つけたらどんどんと自分の行きたい方向へ行くので、飼い主さんが引っ張らなくても首が締まって咳をすることがあります。

◇小型犬

小型犬はもともと器官や首が弱い犬種も多いです。
お散歩中に車道側に歩いていこうとしたりして制止させたいときなど、飼い主さんが強く引っ張った意識は無くても小型犬にとっては首に負担になり、咳き込んだりします。

◇老犬

成犬のときはどれだけ引っ張っても何ともなかったワンちゃんでも、老犬になると器官が弱くなってきて首に負担がかかることもあり、咳き込むのが増えることもあります。
最近はお散歩中に咳き込むなと感じたら、長くお散歩を楽しむために首輪よりも胴輪に変えてみた方がいいかもしれません。

以上のように小さいワンちゃんや老犬は器官もだいぶ弱いモノ。
お散歩で首輪をしていて咳き込むのでしたら、面で体を支えて引っ張ってもワンちゃんが痛くない胴輪はおすすめです。

ワンちゃんはお散歩中でなくても痰が絡んだような咳をしたり、家の中でもよく咳き込むこともあります。
そういった場合は、病気やアレルギーの可能性もあります。弱い咳でも長く咳をするときや、ガーガーとアヒルみたいな咳をするとき、そのほか気になる咳をするのでしたら早めに病院に受診しましょう。

●小型犬におすすめのハーネスは?

それでは、小型犬と老犬、それぞれにおすすめのハーネスとはどのようなものでしょうか。
まずは小型犬におすすめのハーネスをご紹介いたします。

www.houndcom.com/shopdetail/000000004641
『ASHU ウェアハーネス』

ASHUのウェアハーネスは、デザインが飛びぬけてカワイイ柄も多く、カラーバリエーションも多いので
「このハーネスはどこで買ったの?」
とお散歩中に聞かれることも多いです。

しかし、可愛いだけのハーネスではありません。
・着脱がすごく簡単
・首を締めつけない優しい素材
・裏地がメッシュ素材になっていて軽く柔らかなつけ心地
・手洗いが出来る
・SSサイズから選べるので、超小型犬でもぴったりの胴輪がある

など機能性でも優れているハーネスがたくさんあります。
ニット素材もありますので、季節に合ったハーネスを選ぶのも楽しいです。

●老犬におすすめのハーネスはこちら

老犬になると、体力や足腰が低下してきて今まで出来ていたお散歩も難しくなることもあります。

だからと言ってお散歩を控えると、歩行困難や寝たきりになって老化をさらに早めてしまいます。
そういったことにならないように、お散歩を助けてくれる歩行補助の胴輪はこちらです。

www.houndcom.com/shopdetail/000000004074/
『歩行補助ハーネス LaLaWalk』

ハーネスを使うことによって毎日のお散歩が可能になり、結果として適度な運動をして、老化の進行を遅らせることが出来ます。
結果として、愛犬の筋力を維持する効果につながります。

ワンちゃんのサイズや毛の量に応じてボタンの位置を変えて着丈の調節ができますので、ワンちゃんにピッタリの胴輪を使用して、少しでも健康な期間を延ばしてあげてください。

歩行補助といっても、ファッション性もプラスされていますので、体の負担を軽減しながら可愛い胴輪でお散歩できるのは嬉しいですね。
さらに体重の負担を軽減する独自技術の「ラダーフレーム」や、愛犬に合わせたサイズに調節出来る機能で、体にやさしい「つけ心地」があるのも嬉しいところです。

いかがでしたでしょうか?
病気でもないワンちゃんは、首輪を胴輪に変えることによって毎日のお散歩中に引っ張ったとき咳き込むのを防ぐことが出来ます。
今首輪でお散歩していて咳き込むワンちゃんでしたら、胴輪という選択も考えてみてください。
デザインやカラーも豊富にショップにありますので、きっとお気に入りの胴輪が見つかりますよ。

Copyright © 2018 消費者の視点 | Consumer's View All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ