120年以上も愛される麒麟(キリン)のロゴマーク

susumushodai

『麒麟』のマークがトレードとなっているキリンビールのロゴマーク。
ブランドが誕生したのは1888年、当時、西洋ビールは動物の絵柄をラベルにしたものが多く、
三菱財閥 荘田平五郎の発案で東洋では縁起がいい『麒麟』が採用されたといいます。

麒麟とは動物園にいる「キリン」とは違い、古代中国神話に現れる伝説上の霊獣が由来で鳳凰と並び四霊のひとつとされています。

実はこの麒麟のマーク誰がデザインしたのか?
漆工芸家の六角紫水さんではないかと言われていますが定かではありません。
このことはキリンビールも公式に資料が残っていないことが記されています。

翌年の1889年には、今のマークの原型となる麒麟を大きくあしらったデザインが誕生。
120年以上もの間、使われ続けるロゴマーク、今なお当時の想いがそのまま引き継がれていることを感じることが出来ます。

キリンのロゴマークに隠された「キ」「リ」「ン」の文字知ってますか?
実は1933年のラベルからすでに書かれていたそうです。この遊び心が素敵ですね!!
今度、麒麟のマークを見かけたら探してみてください。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

susumushodai

ロゴマークは全てにおいて色や形には意味があり意思を持っている。

具現化された想いは人の感性に触れ、人の心を動かす。
ロゴの深さに魅せられたロゴマニアとして、その魅力や面白さを伝えていこうと思います。

こちらの記事もおすすめ

  1. 言葉ではなく、マークで伝える“ピントグラム”

  2. そもそもロゴマークっていつから使われるようになったの?

  3. ハーマンミラー『エンボディチェア』がやってきた!

  4. 素敵なロゴとフォントの関係

  5. 簡単ステップでロゴを作ろう!~ロゴジェネレーターの紹介~

  6. NIKE(ナイキ)のロゴは35ドル

  1. 安全なアロマテラピー

    2018.05.23

  2. 手に負えない!と英語で言いたい時は?

    2018.05.23

  3. 【オンナの格言】女の「”り”づくし」はみっともない

    2018.05.23

  4. 海外旅行用のスーツケース選びで気をつけたい3つのポイント

    2018.05.23

  5. 子どもがお弁当を忘れたら、持って行く?持って行かない?

    2018.05.23

  1. 私的なエネルギー充電の仕方

    2018.05.21

  2. アウトプットすることで思考が整理され、悩みも解決することも

    2018.05.21

  3. 不安と恐怖がいっぱいな人ほど成長する。

    2018.05.21

  4. 歌舞伎俳優、片岡愛之助さんへ

    2018.05.20

  5. 初デートでサイゼリヤはありなのか?

    2018.05.17

Viewトレンド