fbpx
  • モダンアート
  • 美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信

どこまでが変態で、どこまでが愛か 前編

 

はい

誰もが知ってますね

ビンセント・ファン・ゴッホの

「ひまわり」

です。

 

あー、ちなみにゴッホは僕ら世代の美術の教科書には「ビンセント・バン・ゴッホ」と書かれてました

英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語等の発音勘違いあるあるです

 

 

このゴッホ

彼を取り巻く色んな

逸話がありますよね…

 

 

 

僕の母親は小学校4年生だった僕に、こう話しました

「教科書に載っとるゴッホおるやろ

天才は変人なの

あの人は自分の耳を切って好きな人に贈ったんやよ

あー… 天才は変人や…」

 

この時、母が僕に何を伝えたかったのかは理解出来なかったが

このゴッホという画家が理解不能な事だけは理解しました

 

 

彼についての賞賛派の人の中には

「一番深みのある赤色を使いたくて耳を切って、その血を使った」

と言う人も居ますが

 

僕は原因は知りませんが

ググると以下の感じ

ゴッホについて語られる逸話とその生涯!天才画家の自殺と耳切り事件

「耳切り事件」はゴッホを狂気の芸術家として世間に知らしめた有名な逸話です。この事件はゴッホが有名なフランスの画家ポール・ゴーギャンと同棲をしていた1888年に起こりました。

ゴッホは自分の耳を切り落とし、それを持ったまま売春宿に向かうと、ラシェルという娼婦に「これを大事に持っていてくれ。」と言って切り取った耳を手渡したのです。この事件は新聞にも取り上げられ、ゴッホの精神異常性を世に拡めたのです。

 

だそうです。

 

が、僕には母の言った

「自分の耳を切って好きなに贈ったんやよ」

しか記憶に無かった為

 

20年程前のある日

とんでも無い事に気付いてしまったのです!!

 

気になる”気付き”はまた明日w

 

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ