fbpx
  • モダンアート
  • 美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信

さあ!再び!! Go to LONDON!!!!!

パリ個展を無事に終えれた幸せと

 

次なるステップもあったので

実は色々調べてました

 

ユーロラインというパリーロンドン間の長距離バス

ドーバー海峡を舟の中で移動するらしく

イミグレーションも適当らしいw

 

実はロンドン個展の候補会場5つのギャラリーと連絡を取っていたので18日の夕方に荷物を持ってユーロラインに乗り込みました!!

 

そしてドーバー海峡手前まで来たらしい

 

バスの中にポリスが2名入り皆のパスポートを預かる

 

数分が経ち、ポリスがパスポートを返しに来てくれた

 

すると僕だけ呼ばれるではないか!?

 

誘導されバスを降りる…

 

 

またもイミグレーションである

 

早口イングリッシュでまくしたてて来る

 

どうせ

「このバツ印は何だ!?」と言っていたのだろう

 

既に怒っていた

 

「ソーリー、アイキャンノットスピークイングリッシュ、ソーリー」

と言ったが無意味である

 

 

またもや入国拒否です

 

 

 

そのままイミグレーションルームにて朝まで待機し

 

フランス警察が迎えに来て

その施設出て「あっちに行けばタクシーあるよ」みたいな感じなコト言われ

 

言われた方角へ歩く事20分でようやくフェリーの受付みたいなトコでタクシー呼んでもらって

タクシーで最寄駅まで行き

その後パリまで電車移動。

 

300キロ離れてたので時間もかかりましたが

費用ケチって往復70€の安いバス選んだのに

イミグレーションからパリ宅まで帰るのに160€かかりました

 

 

最初に渡英し、イミグレで返された時にパスポートに「×印」を書かれてしまったんですが

 

 

今回も書かれてしまい

バツ印が二つになってしまいました。

 

 

 

さすがに見栄えが悪いので捨てました。

 

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ