fbpx
  • モダンアート
  • 美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信

MilanoはParisと違い日本事情に疎い!?

 

パリ個展を経て…

 

次に向かうは…

 

MILANO!

 

 

パリより、もう一回り小さな街ですね

 

 

メトロも少なく、こんな感じの街です

 

 

宿にCheckinして最初に向かうはミラノ大聖堂

 

 

DUOMO di Milano(ドゥオーモ

 

ここから「アーケード街」なんて呼んじゃったら失礼なくらい素敵なアーケード街

「Galleria Vittorio Emanuele II(ヴィットーリオ エマヌエーレ 2 世のガッレリア)」をまっすぐ超えると

 

 

ミラノ、スカラ座!

 

その脇道のブレラ通り

いわゆる、ミラノのギャラリー街なんですが

 

その奥の脇道を左に曲がると

ARTE GIAPPONE

 

 

今回のギャラリーです!

初日は下見に来て

翌日買出しに出て

その翌日に設営して

そのまた翌日にレセプションパーティー(イタリア語で「イナグラッツェオーネ」と言います)でした

 

下見、買出し、設営の3日間を経て感じていた事… 

 

その1)

 

 

 

郵便が届かない!

これは本当に困りました

ので個展では作品は裸で何にも入れずの展示となりました

 

 

そして、その2)

 

 

「ブルースリー」と呼ばれた事(汗

 

実は、ミラノに10日間

もちろん着物で過ごしてたんですが

声をかけられた1度だけ、それが「ブルースリー」だったんです

 

 

パリで着物で歩いてると

「 サムライ!」「ニンジャ」「コンニチワ」「ジャポネ」「スシボーイ」と色々声を掛けられるんですが

 

ミラノの人が知ってる日本人は当時(2013年)はHidetoshi NAKATAくらいだったのかも知れない…

 

この3日間の出来事のお陰で

ミラノ展のこの先が本当に心配になったのを覚えています…

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ