fbpx
  • 作詞家の視点
  • 「自分の書いた詩で、誰かを癒すことが出来るのかもしれない」作詞の魅力にとりつかれ、今日も歌詞を書いています。

3分間の物語vol.270「MORE」

こんにちは、作詞家のMikeyです。

歌は3分間のドラマに例えられることがあります。
そんな短い物語である「歌」、私が書いた歌詞や詩をご紹介していきます。

第270回目の今回は、一体どんな物語なのでしょうか…


3分間の物語vol.270「MORE

 

本番前のappetizer 君の唇spicy

渇きを潤すlove power 胸に秘めてgoing on

 

始まるon our stage 弾けるspotlight

見失わないで

僕らだけのサイン

どこまで行けるか 試してみようか

君がいれば何でも出来る

 

day by day 夢に向かって

step by step ここまで来た

まだまだ行ける! Here we go! Now!

 

限界も 障害さえも 僕らのためにあるのさ

簡単じゃ つまらないさ 僕らの人生 もっと艶めく

 

階段を 駆け上がれ 次のステージ待ってんだ

欲張りと 言われてもいい 僕らの冒険 やったもん勝ち

いかがでしたか?
あなたの琴線に触れることができたらこの上なく幸せです。
それではまた!

 

公開作品の中には、すでにメロディがついて、メジャーで歌われていたり個人的に歌っていたりする物もあります(主なメジャー作品はコチラ)。
歌としてご利用希望の方や楽曲制作のご要望などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

また、Kindleで詩集や作詞本などを発売中です。

作詞家への裏道navi 体験版 (CREATOR'S NOVA) 作詞家への裏道navi vol.1 ー初級編ー (CREATOR'S NOVA)

 

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ