fbpx
  • 作詞家の視点
  • 「自分の書いた詩で、誰かを癒すことが出来るのかもしれない」作詞の魅力にとりつかれ、今日も歌詞を書いています。

3分間の物語vol.327「Between」

3分間の物語vol.326「Go! Fight! Win!」

3分間の物語vol.325「Tears」