fbpx
  • オンナの視点
  • アラフォーからアラフィフの女子トーク。ちょっと辛口、チョットエロ、本音で言っちゃいます。

「男らしさ」・「女らしさ」はもう死語!?

「男らしさ」・「女らしさ」ってもう死語では?…と思うのは私だけでしょうか?

子供の頃に、「男の子が泣くんじゃない!」と言われ、本当に悲しいときに泣けなくなってしまったとか、「女の子のくせに、そんなことしたらあかん!」と言われ、女になんて好きで生まれたんじゃないと自分の性に反発を覚えたまま成長してしまったり…というような例も実際にあり、「らしさ」で縛られてしまったまま大人になる人も多くいます。

「男らしさ」・「女らしさ」よりも…

男、女という性が持つ特徴なんかというのはやっぱりあるとは思うけど、そんな「男らしい」とか「女らしい」というより、
「自分らしい」
ということのほうが大切!と思いませんか?
「男らしい」「女らしい」というような「らしさ」は、ほとんどが世間の定義であって、

男ならこうあるべき。
女ならこうあるべき。

他にも、

お母さんならこうあるべき。
妻なら、夫なら、こうあるべき。

といった、暑苦しいありがた迷惑な定義がほとんどです。

「自分らしさ」は自分の定義でOK。

こうあるほうが自分らしい。
こうするほうが自分が心地いい。

といった自分らしさを難しく考えすぎずに、そんな定義でいいと思うわけです。

「らしさ」は自分で決めていい

世間の定義から自分が少々ズレてるとしたって、そんなものに惑わされて自分らしさを見失うなんてもったいない!!
(「ルールを守る」というような、最低限のマナーの元に、は必須条件ですけどね)

自分らしさを持っている人は、男も女もその人ならではの魅力に溢れていて、
「あの人、なんかオーラあるよね」
と言われる人がとても多く、自分の生き方に「軸」があります。

「らしさ」は自分で決めていい。

そう思いませんか?

「自分らしさ」を知り、「自分らしく」生きている女性は、きっと人生も、仕事も、恋愛も、自分らしく楽しめる。

それでこそ、自分の人生、ですよね♪

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ