fbpx
  • 頭蓋骨美人の視点
  • 頭蓋骨の歪みを調整し、自身が持っているエナジーを発揮できるように、皆様のお役にたつ情報を日々綴っています。

肩の左右差がお顔の歪みに…

皆様こんばんは

頭蓋骨から健康美を伝える
山口勝美です

 

「ブラジャーのストラップが、片方だけいつも下がってくるんです」

 

先日そうおっしゃる方がいらっしゃいました。

 

皆様のなかでも、同じようなご経験は多いのではないでしょうか?

 

{B8084C43-3207-4F88-93B7-50DC9FF71D5B}

 

 

それは、肩甲骨のまわりの僧帽筋や肩甲骨下の広背筋が、生活習慣の偏った姿勢によって、それらの筋肉が硬くなるからなんです。

 

{1F37C712-4177-4B8D-A7A7-89858E4C0281}

 

 

例えば右肩が上がってて、左肩が下がっている、それは右肩の筋肉(右の僧帽筋)が萎縮してしまっていて右肩が上がってしまう。

 

すると、体の右側が上がる為バランスを取ろうとして、左側の広背筋(左肩甲骨の下の筋肉)が引っ張られ、左肩が下がるわけです。

 

{835893D4-8471-4BEC-BA09-6A82FB757591}

 

 

その場合は、顔の方はだいたいの方は萎縮している側の左顔面が下に引っ張られてしまい、左顔面は右に比べて大きく見えてしまいます。

 

つまり…
左右対象のかおではなくなり
大きなに見えてしまうんです。

 

顔の左右差が極端にある方は、体も整えるといいと考えます。

 

これはまた、骨盤や体の側面を支える筋膜などが関係していますが、その話はまた別の機会にしますね。

 

Copyright © 2018 頭蓋骨美人の視点|skull.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ