fbpx
  • Webライターの視点
  • 「もっと文章力をアップしたい!」と思っているみなさんに、「WEBにおけるライティング」について発信中!

どうしたら文章ってうまくなる?その901

おはようございます!

Wikipedia(ウィキペディア)に、「曖昧な文章の例」が載っていたので紹介します。
Wikipediaは仕事でよく見ているんですが、こういうページがあるのは知りませんでした。

Wikipediaがこれらのことを載せる意味は、「Wikipediaに載せる情報は曖昧なことを書かないでね」ということなんでしょうが、これらの言い回しはよく使っていると思うので、自分の文章チェックにはいいかもしれません。

「~と言っている」
「~と言われている」
「~であると言われている」
「~であることは言うまでもない」
「~と言う人もいる」
「~との言い方もされている」
「~は~と呼ばれている」
「~と信じられている」
「~であると信じている人もいる」
「~というのが一般的である」
「一般的に~」
「~という声・話もある」
「~という可能性もある」
「~という指摘・批判もある」
「~と見る向きもある」
「~で知られている」
「~とされる」
「~と思われる」
「~ようである」
「なぜか~である」

自信がなさげなことが伝わる表現ですね。
これらの曖昧な表現を改善するには、

・意見の持ち主を明確にすること
・意見を具体的な事実に置き換える

と書かれていました。
詳しく読みたい方は、Wikipediaのこちらのページをどうぞ。

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ