fbpx
  • Webライターの視点
  • 「もっと文章力をアップしたい!」と思っているみなさんに、「WEBにおけるライティング」について発信中!

【どうしたら文章ってうまくなる??】つい使ってしまう二重表現に注意

つい使ってしまう…?二重表現とは

今日は、つい使ってしまう二重表現について。
同じ表現の言葉を文中で書いてしまっていることがあります。

分かりやすい例で言うと、

「上に上がる」
「下に下がる」
「馬から落馬」

などが、二重表現になります。
「上がる」というのは、上に行くことが決まっているんですから、「上に上がる」という言い方はしません。
落馬とは馬から落ちることですから、「馬から落馬」という言い方は変ですよね。

ここまで簡単な間違いはあまりしないかもしれませんが、知らず知らずのうちに間違った表現をしている時があります。

二重表現ありがちな間違い

では、これらはどうでしょう?

●夏山の登山をやります。 → 夏の登山をやります。 または 夏山に登ります。
●一緒に協力する。  → 協力する。
●まず、第1に。 → 第1に。
●補足説明を追加する。   →   補足説明する。
●最後の結末。   → 結末。
●はっきりと、明言する。 → 明言する。

ありがちな間違いを挙げてみました。
気をつけていないと本当によく間違える表現なので、気をつけてくださいね!

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ