fbpx
  • Webライターの視点
  • 「もっと文章力をアップしたい!」と思っているみなさんに、「WEBにおけるライティング」について発信中!

【どうしたら文章ってうまくなる??】文章の「てにをは(助詞)」の「に」の使い方

「てにをは」の「に」の使い方

以前、文章の「てにをは(助詞)」について触れましたが、今回は「てにをは」の中の「に」の使い方に突っ込んでみたいと思います。

「に」は文章の中で本当にたくさん使われていますが、いちいち気にはしていませんよね(笑)
だからこそ、間違った使い方をしていても気づかないことが多いです。
いくつかの例があるんですが、一つずつ紹介していきますね。

「に」よりも、「には」にした方が良い例

×私、将来ライターになりたいという夢がある。
○私には、将来ライターになりたいという夢がある。

(もし「私は」で書くなら、「私は将来ライターになりたいという夢を持っている」でしょう)

×私、事態が悪い方向へ進んでいるように思える
○私には、事態が悪い方向へ進んでいるように思える

(もし「私は」で書くなら、「私は、事態が悪い方向へ進んでいるように思う」でしょう)

×友人との交際費、どの人も結構お金をかけている
○友人との交際費には、どの人も結構お金をかけている

これらは「能動」と「受動」の関係性で変わってくるのですが、×の文章でもある程度意味が伝わってしまうだけに、間違いが多いのかもしれません。
この「に」の使い方は、次も続けていきますね!

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ