fbpx
  • Webライターの視点
  • 「もっと文章力をアップしたい!」と思っているみなさんに、「WEBにおけるライティング」について発信中!

【どうしたら文章ってうまくなる?】頭が良く見える文章の書き方

頭が良く見える文章の書き方

中学生時代の国語の授業で習ったことです。
全部を覚えているワケじゃないですが、今でも参考にしているところが多々あるので、今回はそれをシェアしますね。

その時の課題は、学年の課外授業で工場見学に行った時の報告と感想を、原稿用紙何枚かに書くというものだったんですが、その先生は、

・「である」調で書く
・1文は60文字まで
・話し言葉は入れない
・箇条書きを入れる

この4つを守るだけで、「君の書く文章は、頭が良く見えるよ」と教えてくれました。

押し付けではなく、やる気にさせてくれた先生

「こういう風に書きなさい」

ではなく、

「こんな風に書いたら、周りから頭がいい人って思われるよ」

といううまい言い方で。

この先生やるな~、って子ども心に思ってました。

 

この4つは、もちろん今でも十分通用します。

「である」調、「ですます」調を統一したり、1センテンス60文字というのは、文章を書く上での基本ですから。

 

ビジネス書やレポートを書く時は、思い出してくださいね!

 

 

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ