fbpx
  • ゼロから男の視点
  • 会社を辞め、本気で自分で稼いでいくと決め、覚悟を決めた男のブログです。

amazonせどり〜8.海外からの仕入れ方法!〜

皆さんこんにちは。

商品を仕入れるためにamazonのアカウントも作った、必要な物も一通り用意した。さて、商品を仕入よう!・・・どこから?

そんな風に思われる方も多いのではないでしょうか。僕もどこから仕入れたら良いのか最近まで頭の中がごちゃごちゃとしていました。今日は海外から商品を仕入れる際の方法についてのご紹介です。

シンプルに考えれば大丈夫!

①海外amzonから仕入れる

そうなんです。せっかく日本amazonに登録して使い方も覚えてきました。せどりの目的は安く仕入れて高く売る。この考え方ですので、海外のamazonで日本より安い商品を見つけて日本で売ればいいんです。登録も英語だったら難しいのでは。。ご安心下さい!たしかに日本のアカウントそのままではアメリカ(今回の僕のメインの仕入れ先です。)や他の海外では使用できません。ですが、日本と同じアカウントで再度登録が出来てしまうのです!しかも翻訳機を使用すれば難しい英語を調べる必要も一切なし!サイト内の作りも基本的には日本amazonと同様です。

違う点は納品されるまでの期間や支払い方法が多い、日本に直接送る時の送料にご注意。といったところでしょうか。

②海外のECサイトで購入する

こちらも難しい事ではありません。基本はamazonやり方同様です。しかしサイト内には個人でやってらっしゃる方も多いので、配送料やアメリカ国内で商品にかかるTAX、納品日まで長いなど。注意して確認してから使用しなければ予想外の出費や事態が起こるかもしれないのでお気をつけ下さい。

③海外のメーカーや卸業者から直接買い付ける

こちらが1番難易度としては高いように感じます。商品代金の交渉から契約、日本へ送るまでの流れを自分で作らなければなりません。もちろん英語です。しかし、メリットとしてはECサイトを挟まない分手数料が安くなる事や、取り扱い数量が増えてくれば価格交渉を行う事も出来ます。ある程度販売数量もあがり、慣れてきた頃には是非挑戦してみたいですね。

いかがでしたでしょうか。

厳密には海外へ行っての直接買い付けや、個人で小売店を回るなど方法は色々とありますが、今回はまずは日本で販売出来る形として例をあげさせて頂きました。慣れてきたら選択肢はどんどん増えてきますので、是非色々なやり方で挑戦されると、大きく稼げるかもしれませんね♪

特集:Amazonせどり奮闘記

Copyright © 2017 ゼロから男の視点|zero-one.view.cafe All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ