fbpx
  • AI(人口知能)
  • 「人工知能〈AI〉」との共存、共生する世の中を見出し発信。

AIが余命宣告。スタンフォード大学で進められる余命分析の実態に迫る!

AIがわたしたち人間より正確に《余命》を予測できる時代が到来したようです。

余命予測、余命宣告がより正確に予測することができたら、わたしたちにはどんなメリットがあるのでしょうか?決して暗いニュースとしてではなく、AIの余命予測のメリットや未来についてお伝えしていきたいと思います!

 

AIの余命予測で緩和ケアが変わる

スタンフォード大学の研究チームが死期が近い末期患者の診療カルテのデータを分析し、いつ亡くなるかを予測できるAIを開発しました。AIの予測により、緩和ケアがより最適化することで医療を向上させることが技術開発の狙いのようです。

現在、末期患者があとどれくらい生きられるかを予測することは医師にとってもとても困難。病気の性質だけでなく、投薬や処置への反応に至るまで非常に多くの事柄から分析しなくてはなりません。

しかし、AIが過去の膨大なデータから余命をより正確に分析できるようになるのであれば、治療内容や方針を決定したり、人生の終わりについてより早く準備や計画を進めることができたりと医師だけでなく患者や家族にもたくさんのメリットがありますよね。

現在、スタンフォード大学では200万件の電子カルテを基に、前年までに治療を受けた患者たちの非常に広範な症例集を作成するようにトレーニングされています。

 

もしも人生の終わりの時期を予測できるようになったら?

このスタンフォード大学の研究に携わった方によると、3~12カ月以内に死亡する確率をAIが算出できるそうです。今回のAI技術の使用目的は末期患者への緩和ケアをより向上させることとのことですが、この先、この技術がさらに発展すれば健康診断で「今のままの生活を続けると、余命は○年です」などと健康診断の結果や生活習慣のデータから分析される日が来るのかもしれませんね。

このAI技術の実用化が検討されれば、様々な意見が飛び交いそうですが、。AI技術はすでにここまで進歩していることを頭の隅に置いておきたいです。

 

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ