そんとくのかんじょう

報酬ゼロ円の仕事。

これを仕事と捉え、報酬が頂ける仕事と同じレベルで仕事ができる。

それが真のプロフェッショナルだと僕は思っています。

損得の勘定で、仕事を区別するような人は、結局、仕事に愛されない。

報酬があろうがなかろうが、仕事とは尊いものです。

尊徳の感情で、どんなときも、丁寧で情熱を持って仕事に取り組むと、仕事に愛される。

仕事と、相思相愛になると、自然とお金に恵まれます。

金になる仕事だけやっていては、報酬は増えない。

金にはならないが自己の成長に繋がる仕事がある。

金にはならないが人の役に立つ仕事がある。

そんとくのかんじょう
損得の勘定
尊徳の感情

僕は死ぬほど働ける自由を、心から有り難いと思うんです。

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ