ラコステ(LACOSTE)が「ワニ」じゃないロゴマークのポロシャツを作ったワケとは?

susumushodai

「ワニ」のマークでお馴染みのラコステ(LACOSTE)。
ラコステ(LACOSTE)は、1933年に設立されたフランスのアパレルブランド。ポロシャツをはじめ、メンズ、レディース、キッズ、スポーツ用品など幅広い層で人気のブランドです。

なんと今回、ラコステは自身のロゴマークとは違う動物でポロシャツを作ったのです。そう、トレードマークである「ワニ」以外の動物をモチーフにしたのです。

その真意とは、、、

 

実は、国際的な自然保護団体のIUCN(国際自然保護連合)と協力した動物保護プログラムに参加。ポロシャツのモチーフとなったのは、絶滅の危機に瀕している10種類の動物。生産枚数はその動物の現存する生息数となっているのも特徴。このポロシャツを通じて、動物保護活動の必要性を訴えているのです。

ポロシャツのシンボルマークになった絶滅危惧種動物10種

  • Anegada Ground Iguana(アネガダ グラウンド イグアナ):450枚
  • Sumatran Tiger(スマトラトラ):350枚
  • Saola(サオラ):250枚
  • California Condor(カリフォルニアコンドル):231枚
  • Cao-vit Gibbon(テナガザルの一種):150枚
  • Kakapo(フクロウオウムまたはカカポ):157枚
  • Javan Rhino(ジャワサイ):67枚
  • Northern Sportive Lemur(小型のサルの一種):50枚
  • Burmese Roofed Turtle(ミャンマーに生息するカメの一種):40枚
  • Vaquita(コガシラネズミイルカ):30枚

ラコステ公式サイトより

これらのポロシャツはラコステ(LACOSTE)のオンンラインショップで販売され完売。残念ながら日本での販売はなかったようです。。。
売上げは動物保護プログラムのために使われるとのことです。

世界でも有数の力を持ったロゴマーク(有名ブランド)がこういった取り組みを率先して行うことでインパクトが生まれ、より多くの人へ伝わりやすいですね。また、身近に参加できるきっかけになることも素晴らしいです。ラコステは3年間この絶滅危惧動物保護プログラムに参加するため、今後日本でも手に取る機会があるかもしれません。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

susumushodai

ロゴマークは全てにおいて色や形には意味があり意思を持っている。

具現化された想いは人の感性に触れ、人の心を動かす。
ロゴの深さに魅せられたロゴマニアとして、その魅力や面白さを伝えていこうと思います。

こちらの記事もおすすめ

  1. ランボルギーニ 因縁のフェラーリ

  2. NIKE(ナイキ)のロゴは35ドル

  3. ハーマンミラー『エンボディチェア』がやってきた!

  4. みんなに愛され続ける「I LOVE NY」

  5. AIロゴデザイナー『Tailor Brands』

  6. AI(人口知能)がロゴデザインをしてくれるジェネレーター「Logojoy」

  1. 安全なアロマテラピー

    2018.05.23

  2. 手に負えない!と英語で言いたい時は?

    2018.05.23

  3. 【オンナの格言】女の「”り”づくし」はみっともない

    2018.05.23

  4. 海外旅行用のスーツケース選びで気をつけたい3つのポイント

    2018.05.23

  5. 子どもがお弁当を忘れたら、持って行く?持って行かない?

    2018.05.23

  1. 私的なエネルギー充電の仕方

    2018.05.21

  2. アウトプットすることで思考が整理され、悩みも解決することも

    2018.05.21

  3. 不安と恐怖がいっぱいな人ほど成長する。

    2018.05.21

  4. 歌舞伎俳優、片岡愛之助さんへ

    2018.05.20

  5. 初デートでサイゼリヤはありなのか?

    2018.05.17

Viewトレンド