• ロゴ
  • ロゴの深さに魅せられたロゴマニアとして、その魅力や面白さを伝えていきます

adidasのロゴは4つある?

世界的有名なブランド「アディダス」。3本線の入ったロゴマークはおなじみですね。アディダスの生みの親は「アドルフ・ダスラー」。1920年にドイツの自宅で靴を作ったのが始まりでその後、1948年にアディダスとして立ち上がりました。

「アディダス」の名称はアドルフの愛称である「アディ」と「ダスラー」を合わせたそうです。以外にも単純ですね、、、
そしてアドルフの兄弟のルドルフ・ダスラーは「プーマ」の創始者です。兄弟そろって世界的スポーツメーカーの生みの親とは凄いですね。

このアディダスのロゴの始まりは靴を補強する目的で貼っていた三本線のテープがブランドロゴの元となり、今のイメージに定着しているそうです。
実はそのアディダスのロゴ、4種類あることはご存じでしょうか?それぞれ名称や意味があるのでご紹介します。

トレフォイルロゴ

3つ葉で構成されていいる最も有名なマーク、1972年から使われており表彰式などで使われる月桂樹の冠がモチーフ。1995年まで正式なロゴとして使われていました。現在は、ファッションラインなどでこのロゴを見かけます。

 

パフォーマンスロゴ

このパフォーマンスロゴと言われるロゴもよく見かけますね。1991年に登場、競技用のウェアなど高機能商品で使用されていました。定番の3本線とともに未来に向けて新たな挑戦を意味しており、まさしくアスリート向けのロゴマークとなっています。

 

グローブロゴ

こちらのグローブロゴは、2002年に登場、10代~20代の若者向けに作られたもので、カジュアルやライフスタイルを提案するアイテムに入っています。単なるスポーツアイテムとしてではなく、おしゃれ・かっこいいなどファッション系のアイテムは今後も多くなると思うので、目にする機会も増えていきそうですね。
 

リニアロゴ

リニアロゴは、adidasの文字のみでシンプルなロゴです。このロゴが親みたいなもので、上記3つのロゴがこのリニアロゴの配下にあるようなイメージでしょうか。

 

いかがでしょうか、アディダスのロゴが4つも使われていたんですね。
その時代時代に合わせて用途と目的別にロゴが創られ、新しいものを生み出しながらアディダスは進化してきたことが分かります。

ロゴに注目してスポーツやファッションを楽しむのも良いかもしれませんね

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ