• モダンアート
  • 美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信

ユーロ遠征前の能面作業「天狗」

天狗と言えば僕は昔からアル仮説を立てています

天狗=渡来人(ユダヤ人?)

という仮説です

 

 

日本中に神社を作り進行を広めた賀茂族

そのスポンサーだった秦一族

今の八百万の神を奉る神道

の前の古神道

の前の物部神道…

 

全て渡来系だと思っていますというより歴史上人物はみんな渡来人なんでしょうけど

 

天狗伝説の中で最も有名と思うのが

源氏物語のスーパースター

源義経さんがまだ少年時代に鞍馬の山で出会ったのが…

 

 

 

 

 

誰やねん!

 

 

おっさん

 

 

 

 

幼少期に義経少年に出会い

武術、戦術などを教えたのは

鞍馬天狗と言われており

 

今も鞍馬山では天狗を神として奉ってありますよね

※夏には鞍馬山を登り、天狗様に挨拶し、貴船方面に下り、川床料理ですねw

 

天狗伝説は日本各地にあり

天狗伝説が無くても神社の中をよぉ〜く探すと「天狗団扇」の紋とかが見つかる事があり

そもそも神道、神社ともとても関連深いお方(民族)かと

勝手に思い込んでおります

 

 

あかんあかん

能面作業の話でしたね、ついつい好きな話題だったもので…

 

はい

本題の天狗の面です

 

 

赤いねぇ〜

 

お前様、真っ赤だね

 

ので半分を青くしてと…

 

 

完成です。

 

「般若」「小面」「翁」「天狗」

この4点を完成させ

「いざEUROへ!」という雰囲気になって来た

2012年11月でした

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ