fbpx
  • 作詞家の視点
  • 「自分の書いた詩で、誰かを癒すことが出来るのかもしれない」作詞の魅力にとりつかれ、今日も歌詞を書いています。

Candy Boyさんの初本格舞台『BON BON』を観せていただきました♪

舞台にハマりそうです!

Théâtre de Candy Boy

こんにちは、作詞家のMikeyです。
私の書いた歌をたくさん歌ってくださっているCandy Boyさんの初本格舞台Théâtre de Candy Boy 第一回公演『BON BON』を観せていただきました。

Candy Boy

Candy Boyは”フレンチ”をテーマにしたトータルエンターテイメント集団。

カフェを舞台に、世界中から集めてきた記念日「CandyDay」をテーマにしたストーリーを、お芝居・フレンチポップな楽曲たち・バレエリズムダンスでお届けする、エレガントで新しい形のエンターテインメント集団です。

Théâtre de Candy Boy(テアトル・ド・キャンディボーイ)とは、キャンディーボーイがお届けする演劇公演シリーズです。

第一回公演はフランスの砂糖菓子『BONBON』というタイトルで、甘いお話かと思いきや第二次世界大戦下の人間模様を描いた深い物語でした。

とても素晴らしかったです!
ネタバレになってしまうので、詳しく書けないのですが、素晴らしいの一言に尽きます。
作詞家なのでもうちょっと語彙力を発揮したいところですが、発揮出来ませんでした。

舞台はフランスです。
Candy Boyさんのコンセプトがフレンチポップなので当然ですね。
詳しい作品内容についてはコチラ(↓)をご覧ください。

ストーリー

今まで観劇する機会があまりなかったのですが、Candy Boyさんの公演を観て、様々な舞台を観てみたいと思いました。
本当に楽しかったです!

ますます活躍中!

今まで東京で活動することが多かったCandy Boyさん。
最近は各地に進出していて、この名古屋でもイベントが行われるようになりました。

10月28日には、ささしまでカフェ公演が行われたんですよ。

カフェ公演は、舞台とは少し違って実際のカフェの中でお客さんの間近に迫りながら、歌とショートストーリーでおもてなししてくれます。

別の誰かを演じるのではなく、メンバーがそのまま演じる物語で、今回のお話もほっこりする素敵なお話でした。
私が歌詞提供をした曲をたくさん歌ってくれて、それを見て目をキラキラさせているファンの皆さんの笑顔を見るのが、私にとって何よりの幸せです♪

作ることが本業ですが、出来たものがどうやって伝わっているのかを確認するのも、大事な仕事だと思っています。

WebCMにも出演中

なんと、丸美屋の釜飯の素のWebCMにも出演中です!
私が歌詞を提供した曲が流れています。
このCM、スマホでYouTubeアプリを使って見ると360度画面が切り替わるという、面白いCMなんです!

他にも、360度動画は全部で3種類、通常の動画3種類の合わせて6種類のCMがあるので、チェックしてみてくださいね!

それでは、また!

 

CREATOR’S NOVAというサイトで
クリエイター応援活動をしています。
そちらも良かったら是非!

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ