fbpx
  • 妊活セラピストの視点
  • 「妊活セラピストの視点」では、 玉のような元気な赤ちゃんを産める心と体作りについてをお伝えしていきます。

予定日はあくまで予定だった…。熟すのを待つ時間。

予定日には陣痛が来ませんでした。
吉村医院の院長先生は、「産道はいい感じに熟していますよ。」とおっしゃっていました。
吉村さんでは、よく女性に「熟す」という言葉を使って話をされます。
果物でも熟すには時間がかかるもの。
そこは急いでもどうにもならないのですよね。

2014.4.28

今日は予定日でしたが
産まれてません

今日は吉村さんの健診で
あかちゃんの心拍と胎動をみてもらいましたが

そのとき側にいてくださった助産婦さん
(←後期両親学級のとき、
ぎっくり腰でつらそうに
わたしの横に座ってた助産婦さんだった(笑)
ほぐしてあげたかった)

が、

「予定日は生まれる日じゃあありませんからね」

とおっしゃいました

「どうして十月十日っていうのかなあ。
ぜんぜんそんなことないですけどね」

あと2週間くらい延びたって
べつにふつうだそう

そうかそうか

たしかに予定日に囚われすぎかも
このごろの私は…
(いつ来てもいいよう、常に身辺整理しまくっているので)

健診でみていただくと
産道はとってもよいかんじだそう

ほっとしました

最近歩きまくったしー

陣痛きたら進みは早いそう

のんびりしてないで
さっと来なくてはいかんですね

うちの母が
「初めはそんなに早くうまれへんわ。
大垣から迎えにいったろうか?
さっくんが。(←弟、勝手に…)」

と言ってたけど
それはやめてタクシーにします

さて、もう昼には健診終わってしまいましたが

せっかく岡崎にきてるし
歩くならこの辺をあるこうかと思って

岡崎を徘徊しました

 

すてきなカフェにもいきました↓

mado cafe

ここでは、グリル野菜のサンドイッチをいただき、
ずっと書こう書こうと思っていた、
たおちゃんへのお手紙を書きました

たいそうなことは
なにもかいてません

すなおな今のきもちと

いつかこの手紙を
たおちゃんが読めるようになったときの

未来のわたしにもむけて

今日の日のことを
淡々とつづりました

なくさないよーにとっておかねば

喉のいたみはしつこく

アロマをここぞとばかりに
妊娠中はたくさん活用してきましたし

また、マクロビオティック的にも気をつけていたつもりなんですが

今回は早く治めたくて
久々にお薬いただきました

葛根湯…

調べたら、喉の痛みみたいな
熱のある症状にはあまり合ってない薬とのことだった(笑)けど

乳腺炎にいいそうですね

覚えとこー

夕飯は
もううちには生姜しかなかったんで

また買ってきました

山菜売りのおばちゃんがいたので
コシアブラを買って

あと生のもずくも買って

天ぷらにしておそば食べました

ねぎいっぱいのねぎもずくスープも

今日は早く寝よう~

Copyright © 2018 妊活セラピストの視点|ninkatsu.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ