fbpx
  • 作詞家の視点
  • 「自分の書いた詩で、誰かを癒すことが出来るのかもしれない」作詞の魅力にとりつかれ、今日も歌詞を書いています。

3分間の物語vol.79「Gilty」

こんにちは、作詞家のMikeyです。

歌は3分間のドラマに例えられることがあります。
そんな短い物語である「歌」、私が書いた歌詞や詩をご紹介していきます。

第79回目の今回は、一体どんな物語なのでしょうか…

3分間の物語vol.79「Gilty

 

本当は 見たくなかったよ
薬指リングの痕

分かってた たぶん最初から
出会ってはいけない運命だったの

誰かを たとえ傷つけても
あなたを 愛さずにいられないの
私は

any time.. any fate..
戻れない今さら
他に 他に
欲しいモノなんてなにもない

 

惹かれ合う 心どうしても
止めることなんて出来ないの

涙を どれくらい流せば
あなたを 愛しても許されるの?
教えて

any time.. any fate..
終われないこのまま
いつか いつか
私のことだけ見つめて

 

any time.. any fate..
許されぬ道でも
ここに ここに
あなたがいるなら 構わない

いかがでしたか?
あなたの琴線に触れることができたらこの上なく幸せです。
それではまた!

 

公開作品の中には、すでにメロディがついて、メジャーで歌われていたり個人的に歌っていたりする物もあります(主なメジャー作品はコチラ)。
歌としてご利用希望の方や楽曲制作のご要望などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

また、Kindleで詩集や作詞本などを発売中です。

ごめんねアニー GIFT BOX (CREATOR'S NOVA) 君のいない午後 GIFT BOX (CREATO'S NOVA) たったそれだけのこと GIFT BOX (CREATOR'S NOVA) 君を想って月を見る GIFT BOX (CREATOR'S NOVA)

作詞家への裏道navi 体験版 (CREATOR'S NOVA) 作詞家への裏道navi vol.1 ー初級編ー (CREATOR'S NOVA)

 

CREATOR’S NOVAというサイトで
クリエイター応援活動をしています。
そちらも良かったら是非!

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ