fbpx
  • ステーショナリー
  • ニッチなモノだけれど、多くの人が喜んでくれるような文具・雑貨をご紹介

ひらめきを逃さない最強のメモ帳!土橋正氏プロデュースのすぐログPLAN

自分で言うのもなんですが、尚貴堂の強みは商品の独自性にあると思っています。その独自性を生むのは優れたアイディア。

アイディアというものは、ふとした瞬間に頭に浮かぶものなので、素早くメモしないと逃してしまいます。逃すと二度と思い出せないということもしばしば…

 

そんな降ってきたアイディアを捕まえるために重宝しているのがこちら。ステーショナリーディレクターの土橋正氏プロデュースのすぐログです。

一見ただの綴じ手帳のように見えますが、素早くメモを取るための工夫満載の非常に使いやすいメモ帳。文具開発者としては悔しい限りですが、メモ帳の理想形の一つだと思っています。

 

最速でメモできる!

とにかく、取り出してからメモを取るまでの動きがスムーズ!

メモ姿勢に移るまでに必要なステップはたった3つ。

 

まずはすぐログを取り出し、

 

紐しおりをひっぱって白紙のページを出します。

紐しおりは鉛筆に繋がっているので、

 

ひっぱる動作そのままに鉛筆を持ってメモ姿勢!

美しさを感じるほど計算されたスムーズな動き。白いページを開かなきゃ、ペンはどこにしまったっけ、なんて余計なことを考えていると、せっかくのアイディアも流れて見失ってしまいます。すぐログは、そんな余計なノイズが限界まで排除できるメモ帳。一度使ってしまえば、他のメモ帳ではストレスを感じて使えなくなってしまうでしょう。かくいう私もその一人。

 

鉛筆の収納が秀逸!

すぐログの背には小さな鉛筆が収納されています。

 

鉛筆を抜くとこのようになっています。背に筒が入っており、そこに鉛筆が挿さる形状。

メモ帳は当然筆記具と一緒に使うものなので、互いにくっついているのが理想であるはず。そんな理想を、すぐログはこのように体現しています。素晴らしい。

 

鉛筆は塗装のない無垢タイプなので、鉛筆を抜くたびにシダの香りが広がります。これも個人的なお気に入りポイント。

最近ではボールペンや万年筆ばかりで、鉛筆を使う機会は滅多にありません。最後に使っていたのは、デッサンを勉強していた学生の頃。その頃の記憶がこの香りにくすぐられ、ちょっと懐かしい気持ちになります。鉛筆って良いなあと思う瞬間です。

 

中身も素敵!

すぐログの中身はグレーのドット罫

アイディアは、文字よりもイラストでメモした方が効果的な場合が多いもの。縦横を気にせず書けるこのドット罫はその点でもぴったりです。

ちなみに、画像の文字は万年筆で書いているのですが、

 

全く裏抜けしていません。さすがダイゴーさん、良い紙です。

普段は本体に備わっている鉛筆で書くので万年筆で書くことなんてないのですが、紙質の参考としてご覧ください。

 

カラーバリエーションが豊富!

1944年創業以来、品質にこだわり、人生をサポートする手帳を国内自社工場で生産するダイゴー株式会社のオンラインショップです。
ステーショナリーディレクター 土橋正氏 企画・監修 えんぴつ付きミニ手帳 「すぐ… – shop.daigo.co.jp

 

表紙の色数が非常に豊富なので、好みに合わせて選ぶことができます。その数なんと6種類!私は全色持っているわけではないので、是非ダイゴーさんの公式サイトをご覧ください。きっと好みの色が見つかるでしょう。私は青系が大好きなので、ターコイズを愛用しています。

色だけでなく、表紙の質感にも選択肢があります。

 

左がマットタイプで、右がスムースタイプ(サイズの違いは気にしないでください)。シボ感の違いが伝わるでしょうか。

マットタイプはグリップ力が強く、持っていて滑りにくい表紙

スムースタイプはツルツルしているのですが、しっとりとした質感なので滑って落とすというほどではありません。

私はスムースタイプがお気に入り。普段はズボンのポケットに入れているのですが、マットタイプの強いグリップ力だと生地に引っかかって取り出しにくいのです。私のように、衣類のポケットに入れて持ち歩くという人にはスムースタイプがオススメ。

 

サイズも豊富!

カラバリだけでなく、サイズまで豊富

左から順に、IDEA・PLAN・THINKの3種類から選べます。私が愛用しているのは真ん中のPLAN。

 

PLANを開くとこんな感じ。3種類とも試してみたのですが、一番小さいIDEAは私の手には小さすぎるので書きにくく、一番大きいTHINKは逆に大きすぎてポケットに入れるには向きませんでした。PLANは私にとってちょうど良いサイズ。

 

以上、私にとって最強のメモ帳「すぐログ」のご紹介でした。メモ帳といえば社会人の必需品としても挙げられる需要の高い文具。鞄に一つは入れているという人も多いのではないでしょうか。是非、そのメモ帳としてすぐログを使ってみてください。一度使ったが最後、生活必需品として手放せなくなってしまうでしょう。

 

こちらは私が愛用しているPLANのターコイズ、スムースタイプです。

ダイゴーさんの公式オンラインショップでも購入可能。公式限定カラーも存在するので、是非ご覧ください。
1944年創業以来、品質にこだわり、人生をサポートする手帳を国内自社工場で生産するダイゴー株式会社のオンラインショップです。
2018年4月始まり手帳 | 手帳(ダイアリー)のダイゴーオンラインショップ – shop.daigo.co.jp

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ