• ママ育の視点
  • コミュニケーションが変わると人間関係が良くなり、人間関係が良くなると人生が変わる
  • HOME
  • BLOG
  • ママ育の視点
  • ちゃんと「No」と言えますか?~イヤな気持ちなのに、笑顔でつくろってしまうのは?~

ちゃんと「No」と言えますか?~イヤな気持ちなのに、笑顔でつくろってしまうのは?~

 

「Noと言えない日本人」という言葉があったのは、もうひと昔前でしょうか。

先日、いまだに私ってそうだなーと感じるできごとがあって、ちょっとヘコミました。

 

お化粧品を買いに行って。

「5,000円のをください」と言ったのに、全ラインナップを紹介され。

もう一度「これ(5,000円)をください」と言ったら、20,000円のを勧められ。

「また検討します。今日はこれで」と5,000円のを買おうとしたら、中間のがありますと12,000円のを勧められ。

やめてーー私は5000円のがほしいの!!」と心の中で叫んでたんですけどね。

表向きは笑顔でつくろっているという。。。

 

結局5,000円のほうを買いましたが、なーーんか後味悪い。

こういう時、持ち前のハッキリした性格を発揮すればいいのにと思うのだけど、何故カンジンのところで、ごまかしたりするんでしょうね。

 

・大人げない行為はしたくない。
・短気な人と思われたくない。(実際、短気なのに^ ^;;)
・良い客でいたい。
・嫌われる勇気がない。

理由はこのあたりでしょうか。

ですが、そんな理由で、自分にウソはつきたくないですね。
自分のことを大切にするならば、自分に正直でいたいです。

「他のはけっこうです。私は〇〇〇を買います」

と次回からは、どのお店に行っても意思表示をしようと決意したのでした。

と同時に、子どもの「No」も尊重しなければと改めて感じました。

 

 

 

 

Copyright © 2018 ママ育の視点|mamaiku.view All Rights Reserved.

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ