fbpx
  • カンタン英会話
  • 英語を使いたがらない社長のために、秘書が優しく教えます!

「Dear John letter」ジョンへの手紙って何?

こんにちは!٩( ᐛ )و本日は日常ではあまり使いませんが「知っておくと面白い英語」をご紹介します!٩( ᐛ )و

本日のフレーズは
「”Dear John letter”って何?」

英語には想像もつかないような言葉が違う意味で使われることがあります。それは日本でもあるかもしれませんが、このようなフレーズは文字だけでは全く理解ができないので覚えていくしかないんです。一つづつでも覚えていけばそれはやがて知識になりますので、是非頭の片隅に入れておきましょう!

まずは、このフレーズがどのように使われるかをご紹介します!こちら!٩( ᐛ )و

He got a Dear John letter from his girlfriend】「彼は彼女から別れの手紙をもらった」

Dear John letter】の文字だけ見ると【Dear John】「親愛なるジョンへ」という意味なのでジョンへの手紙を連想しますよね?ですが、この意味は「別れ」「縁切り」を意味する言葉なんです!詳しく調べて見ると、正確な由来はありませんでしたがこんな状況でこの意味ができたのではないかと言われているものがあったのでこちらに紹介します。

第二次世界大戦時代のアメリカでは、当時兵士の帰りを待つ彼女、妻、婚約者がいつ大切な人が帰ってくるかわからない寂しい生活に耐えきれなくなり、次々と絶縁状を送るという現象が起こったそうです。アメリカでは「ジョン」という名前はとても多く(日本でいう「太郎」ですね。)ラジオ番組で読み上げられる絶縁状は【Dear John〜】から始まるものが多かった。それがやがて聴いている人の耳に残り、【Dear John letter】=「別れ話」という結びつきになったと言われています。

実際の使い方は”a”をつけて使います。

He received a Dear John letter 】「彼、別れたいって言われたらしいよ」

これは口頭でもメールや文でもどちらでも使うんだそう!ちなみに【Letter】の部分はなくても別れの意味になります。

今日は説明の方が多かったですがこんなイディオムもあるんだと覚えておくのも面白いですね!是非覚えてみてください!٩( ᐛ )و明日も通常更新!お見逃しなく!٩( ᐛ )و

秘書
社長に英語を教えていますが、秘書もまだまだイディオムも日常会話も勉強中です。笑

Copyright © 2019 秘書の視点|secretarys.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ