fbpx
  • カンタン英会話
  • 英語を使いたがらない社長のために、秘書が優しく教えます!

「〜してもらう」「〜させる」と英語で言いたい時に使えるフレーズは?

こんにちは!٩( ᐛ )و本日も「使える英語!」サクッといきましょう!今日も簡単ですよ!
今日も映画からではなく、シチュエーションによって使える英語!٩( ᐛ )و

本日のフレーズは
「”〜してもらう””〜させる”と英語で言いたい時に使えるフレーズ」

今日は「〜してもらう」と「〜させる」と言いたい時に使えるフレーズをご紹介します!それではこちら٩( ᐛ )و

Have+(人、物) +(動詞)】「〜してもらう」

これは例文で見ていきましょう٩( ᐛ )و

I had my hair cut】「髪を切ってもらいました」

I cut my hair】と間違えがちですが、これだと「自分で髪を切りました」という意味になるのは有名な話ですよね!「〜してもらった」というように覚えればこの間違いも無くなりますね!٩( ᐛ )و他にも【I had my laptop repaired】「パソコンを修理してもらった」なんて感じでも使えます!【Have】は全部理解するのは大変ですヽ(;▽;)ノ続いては「〜させる」と言いたい時!

Make+(目的)+(動詞)】「〜させる」

この「人に何かをやらせる」というフレーズは相手やりたがらないようなことを無理やりさせるというニュアンスが含まれていますのでそれを覚えておくといいかもしれません!例えば宿題をやりたがらない子供にやらせるとかですね!これも例文でどうぞ!٩( ᐛ )و

She made him clean his room】「彼女は彼に部屋を片付けさせた」

部屋を散らかしたら片付けるのは当たり前!片付けさせるのももちろん当たり前です!(笑)こんな感じで「してもらう、してもらった時」は【Have】、「させる、させたという時」は【Make】を使ってみてください!٩( ᐛ )و明日はサタデーナイト!夜更新です!お見逃しなく!٩( ᐛ )و

秘書
してもらった。という時って結構サクッと出てこない時があるのでちゃんと覚えておかなきゃ!

Copyright © 2019 秘書の視点|secretarys.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ