fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

たくさんの仕事を抱えていることと、マルチタスクは違う! 〜仕事が早い人の共通点とは?〜

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

昨日のブログでは、平均値という言葉に騙されないように、その注意点を書いてみました。

昨日のブログは、こちらです。

平均値のカラクリ・・

平均プライスを、1,000円以上にする。

それは、1,000円以上で販売をすることとイコールではありません。

平均とは、最後に【数量】で割り算をするのですから、1つひとつの販売価格が1,000円以上である必要はありません。

そんなこと、言われなくても分かる・・

という声も聞こえてきそうですが、私たちは、実は、こういった勘違いをしていることが往々にしてあるのです。

しかも、勘違いですから・・

言われるまで、気がつきません。

如何でしょうか?

2,000円で1つ。そして、100円で1つ。

この2つの販売価格の平均値は、1,050円です。

もちろん、1,050円で2つを販売しても、その平均値は、1,050円です。

どちらも、平均プライス1,000円以上を満たしていますよね。

なので、兎にも角にも、上司からの指示には応えていることになります。

はたして、その平均値が何を意味するのか・・

これは、別問題ですので、またの機会に書いてみたいと思います。

それでは、今日のブログです。

たくさんの仕事を抱えていることと、マルチタスクは違う! 〜仕事が早い人の共通点とは?〜

今日は、TOC(Theory of Constraints、制約条件の理論)のインストラクターとして、日々、考えていることの1つについて書いてみます。

※TOCにつきましては、こちらのブログをご覧下さい。

清水式TOC(制約条件の理論)研修のすすめ 〜【全部】を見ることと【全体】を見ることは違う〜

それは、忙しくしていることと、結果を出すということに、相関関係はないということです。

まず、仕事は、誰に頼みたいか?と、聞かれたら・・

仕事は、忙しい人に頼む!

というのが、鉄則です。

なぜなら、仕事ができる人というのは、たいていの場合が忙しいからです。

ただ・・

ここで大切なのは(見極めなければならないのは)、忙しさというのは、少なくとも2つに大別することができるということです。

1つは、いつもバタバタと忙しそうにしている人。

そして、もう1つは、終わらせても終わらせても、次から次に新しい仕事が入ってくる人。

ここで、改めて、先ほどの質問です。

どちらのタイプの人に、仕事を頼みたいでしょうか?

もうお気づきかもしれませんが、結果を出せる人というのは、後者、つまり、2つめのタイプの人に限ります。

では、いったい何が違うのでしょうか?

実は、忙しいという言葉は同じなのですが、この2つのタイプでは、仕事への取り組み方(考え方)が全く異なっているのです。

おそらくですが、1つめのタイプの人は、基本的に、マルチタスクで仕事をしているはずです。

へ!?

マルチタスクは、当然じゃないの!?

そう思われたかもしれません。

でも・・

仕事が早い人というのは、実は、マルチタスクのように見えますが、そうではありません。

仕事はたくさん抱えているのですが、仕事の取り組み方は、シングルタスクなのです。

如何でしょうか?

伝わっていますでしょうか?

ここで、言葉の整理をしてみますね。

マルチタスクとは、仕掛品(やりかけの仕事)を増やし続ける仕事の取り組み方です。

つまり、バタバタと忙しそうにしている人というのは、どんどん、やりかけの仕事が溜まっていくのです。

なので、頼んだ仕事は?との問いに・・

今、やっている最中です!

との返事が、いつも返ってくるはずです。

もちろん、結果を出せるはずがありません。

一方で、次から次に結果を出せる人(頼んでいた仕事を完結させてくれる人)というのは、抱えている仕事を、如何にシングルタスクで完結させていくかを考えています。

つまり、1つひとつの仕事を、次から次に完結させていくことを大切にします。

なぜなら、シングルタスクで仕事に取り組む方が、【早く終わる】ことが分かっているからです。

この観点で、皆さまの仕事を見直してみて下さい。

やりかけの仕事が、どんどん増えていっている方は、要注意です。

仕事が、どんどん遅くなってしまいます。

それだけではなく、仕事の質がどんどん落ちていきます・・

忙しくしているにもかかわらず、誰も望まない結果・・

まさに、本末転倒ですよね。

だからこそ、兎にも角にも、1つずつ仕事を完結させること。

これが、最速であること。

を、ご理解頂きたいのです。

でも・・

マルチタスクで、効率よく仕事をしたくなりますよね・・

それが、最も仕事が遅くなる方法だとは知らずに・・

何が言いたいか・・

マルチタスクで、バタバタと忙しく効率よく仕事をしても、【完結した仕事】は増えませんし、速度もあがりませんし、質も上がりません。

それでも・・

絶対にウソだ!

と、思われた方は、ぜひ、TOCの世界にお越し下さいませ。

サイコロとポーカーチップにて、その真意を確かめることができますよ。

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ筋トレVol.879-1

The post たくさんの仕事を抱えていることと、マルチタスクは違う! 〜仕事が早い人の共通点とは?〜 first appeared on ナイスオン株式会社.

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ