fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

想いを語り続ける・・

皆さま、こんにちは!NICE ONの四ケ所です。

昨日のブログでは、運気を知ることよりも大切なことについて、書いてみました。

昨日のブログは、こちらです。

運気は自然の運行なり・・

私たちの誕生日には、その日に生まれたという意味があります。

それは、この自然界に身を置く者のとしての、定めのようなものです。

そして、自然界には流れがあります。

その流れを運気と言い、その運気は、自然の運行そのものなのです。

私たちは、自然界の一部である以上、その流れを知ることが大切です。

ただ・・

それよりも大切なことがある・・というのが、昨日のブログの趣旨でした。

ひとことで言うと、心を定める・・といういうことです。

その詳細につきましては、ぜひ、昨日のブログをご覧下さいませ。

それでは、今日のブログです。

想いを語り続ける・・

お客さまのお困りごとは、【4つの不】に分けられる。

この【4つの不】については、川原塾の川原悠伍塾長から教わった言葉なのですが、その4つとは何か・・

まずは、少し考えてみて下さい。

いかがでしょうか?

4つ、出てきましたでしょうか?

では、ご紹介致します。

その4つとは、下記のものになります。

・不足
・不安
・不満
・不快

つまり、お客さまが、不足に思っていらっしゃることって何だろう?

お客さまが、不安に思っていらっしゃることって何だろう?

お客さまが、不満・・不快・・

このように、お客さまの立場に立って、想像してみるのです。

実際に、お客さまから、お声を頂戴するのも良いですね。

そして、これらは、お客さまだけに該当するものではありません。

家族にも、友人にも・・

もちろん、社員さんにも該当します。

なので、今日は、社員さんに、その焦点を絞ってみたいと思います。

皆さまが経営者だとして、まずは、社員さんの4つの不を考えたことがありますでしょうか?

我が社の社員は、何を不安に思っているだろうか?

我が社の社員は、何を不満に思っているだろうか?

不足は?不快は?

もし、考えたことがなければ、上記のように4つに分類をして、紙に書き出してみて下さい。

如何でしょうか?

沢山、出てきましたでしょうか?

それとも、全然書けなかったでしょうか?

書けない、というのは・・ちょっと、問題かもしれませんね・・汗

ただ、今日は、そのことをお伝えしたいのではなく、4つの不を書き出したあとのことなのです。

それは、社員さんの【4つの不】を生みだしてしまうものの根底にあるもの・・

つまり、将来に対する不安が、様々な不を生みだしているのではないか・・という仮説です。

社員さんが【やりがい】を感じるのは、努力と成果が結びついている状態でしかありません。

そして、その原動力となるのは、未来への期待です。

この会社にいて、自分の未来はどうなるのだろう・・という不安

この会社にいたら、自分の未来は切り開ける・・という理想・期待

このどちらに社員さんの軸があるかによって、社員さんの【4つの不】というのは、その内容が大きく変わると思うのです。

ということは・・

経営陣が、未来を見据えてやらなければならないことは・・

社員さんの不満を聞いてあげることではなく・・

社員さんが未来を考えられるように・・

未来に対する想い、あるいは、会社のビジョンを語り続けることではないか・・。

そして、本気でそこに向かう覚悟を示すことではないか・・と思うのです。

決して、社員さんの4つの不を軽んじているのではなく、経営者というのは、もっともっと、その根幹や根底にある【目に見えないもの】を観じなければならい・・

ある方との会話を通じて、そのように思いました。

経営者として、本当にやらなければならないことは何なのか・・?

そのためには、見えている現象ではなく、見えていない本質を見極める力が必要ですよね。

そして、その力を養うためには、坐(すわる)が大切です。

毎日1回は、【二人の自分】を会話させてみましょう。

【潜在意識の自分】【顕在意識の自分】との会話ができれば最高ですね!

私も、その境地に辿りつけるように、日々、訓練をしています。

皆さまも、寝る前の数十分。

そのような時間を作ってみては、如何でしょうか?

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ筋トレVol.885-1

The post 想いを語り続ける・・ first appeared on ナイスオン株式会社.

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ