fbpx
  • 川原塾・わらしべ商人倶楽部
  • 現代のオリジナル商人「○○商人」を目指して、倶楽部会員同士が切磋琢磨し合いながら【商売を通じた社会貢献】のために頑張ります。

粗利率を守る経営の落とし穴・・

皆さま、こんにちは!ナ.イ.ス.オ.ン株式会社の四.ケ.所.秀樹です。

昨日のブログでは、11年目早々の勘違いについて書いてみました。

昨日のブログは、こちらです。

今日は、11月13日・・日付を間違えて準備してました・・

曜日の感覚が無くなることは、それなりの頻度でやってくるのですが・・

ついに昨日は、日付の勘違いをしてしまいました。汗

13・14日という2日間の研修なのですが、いつの間にか、14・15日と思い込んでいました。

改めて・・

思い込みって怖いですね。

11年目は、勘違いからのスタートとなりましたので、1つひとつを丁寧に確認しながら、進めていきたいと思います。

それでは、今日のブログです。

粗利率を守る経営の落とし穴・・

粗利率の高い商品を売ると、利益が出る。

そして、粗利率の低い商品を売ると、利益が出ない。

これって、本当にそう言えるのでしょうか?

もし、粗利率に対して、そのように思われているのであれば・・

粗利率は、絶対に、守らなければなりません。

そして、粗利率は、30%以上で販売すること(そうしないと、利益がでない)!と決めていたとすると・・

1,000円で仕入れた商品は、少なくとも1,429円以上では販売しないといけませんし、

5,000円で仕入れた商品は、少なくとも7,143円以上で販売しないといけません。

では、ここで・・

上記の1,000円で仕入れた商品を、1,100円で販売したとしたら、粗利率は9%になります。

これは、絶対に赤字になると言えるでしょうか?

それとも、そんなことは言えないでしょうか?

皆さまは、どう思われますか?

実は、この問いには答えがあります。

なので、断言ができるのです。

そして、下記が、その考え方です。

粗利率9%で販売することと、赤字になることには、何の相関関係もありません。

もっと低い粗利率でも利益は出ますし、逆に、粗利率50%でも赤字になります・・。

では、なぜ断言できるのでしょうか?

それは、【販売数量】という概念を取り入れて考えると、よく理解できると思います。

今月、我が社の固定費が、1,000万円だとします。

すると、利益というのは、粗利総額から固定費を引き算することで計算できますので、粗利総額が1,000万円を超えたら、利益が出ることになります。

先ほどの例にて、1,000円の商品を粗利率30%以上で販売するとして、1,500円の値付けをしたとします。

つまり、1品あたり500円の粗利を得ることができます。

その粗利率は、33.3%です。

ここで、販売数量という概念を取り入れ、18,000個もの数が売れたとします。

すると、その粗利総額は、500円×18,000個=900万円になりますよね。

だとすると、その利益は・・

900万円の粗利総額から、1,000万円の固定費を引き算して・・

100万円の赤字!!

粗利率30%どころか、33%だったのに赤字!!

如何でしょうか?

これで、粗利率と利益には、絶対的な関係がないこと言えましたよね。

もしかすると、いやいや・・と思われている方もいらっしゃるかもしれません・・。汗

では、せっかくなので、粗利率9%、1,100円で販売してみたとしましょう。

余りの安さに、販売数量が大爆発したとします。

そして、1品から得られる粗利は100円しかありませんが、もし、12万個売れたとすると・・

100円×12万個=1,200万円。

つまり、200万円の黒字!!

粗利率9%なのに、200万円の黒字!!

これが、粗利率の落とし穴なのです。

いくら粗利率を確保しても、粗利総額という実額が増えなければ、黒字には至らないのです。

もし、粗利率を守る戦術を取っていたとしたら・・

それは、自社の首を絞めているかもしれません。

それが証拠に、今回の件をお伝えした企業さまは、ただこれだけで・・

億単位で、その粗利総額が増えました。

販売している商品は、変わらないにも関わらず・・

もちろん、大幅に利益が向上しましたので、私としても、ものすごく嬉しいことでした。

皆さまも、ぜひ見直してみて下さいね。

今回もまた、ブログ筋トレ中の文章を最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ筋トレVol.952-1

The post 粗利率を守る経営の落とし穴・・ first appeared on ナイスオン株式会社.

こちらの記事も読まれています

この記事へのコメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ