fbpx
  • Webライターの視点
  • 「もっと文章力をアップしたい!」と思っているみなさんに、「WEBにおけるライティング」について発信中!

【どうしたら文章ってうまくなる?】長い文章で読み手を疲れさせない

長い文章は疲れる

どうして長い文章って、頭が疲れるんでしょうか。

一文の基本は60文字前後が妥当だと言われています。
それより長いと、読み手が疲れてしまうんですね。

疲れる理由は、きちんとあります。

例文を出しますね。

私は昨日、仕事帰りに駅前のデパートの中にある本屋に寄って、楽しみにしていた新刊の『○○』という本を購入しました。

という文章があります。

日本語は、文法的に結論(述語)が最後です。

この文章だと、「購入した」ことを伝えたいわけですが、その前が長すぎると、どこが大切なのかがわからなくなります。

人はそれだけ覚えられないんですね。
だから一文は短くないと、読むのに疲れてしまいます。

疲れさせないために

その点、英語は日本語と違って結論(述語)が先なので、読んでも疲れません。
面白いですよね。

一文は60文字という基本はもちろんですが、句点(。)を打って短く言い切るクセをつけたり、長くなりそうな文章はいくつかに分ける練習をするなどして、読み手を疲れさせない文章の書き方が出来ればいいですね!

 

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ