fbpx
  • Webライターの視点
  • 「もっと文章力をアップしたい!」と思っているみなさんに、「WEBにおけるライティング」について発信中!

【どうしたら文章ってうまくなる?】仕事時のメールの送り方

メールでやってはいけない失敗

仕事柄、たくさんのメールをいただきますが、常識がないというか、驚くようなメールをもらうことがあります。

自分の名前を名乗らない人、挨拶のない人が多いですね。

仕事先にメールを送るとき、少し気をつけておいた方がいいことを書きますね。

ほんの少しのことですが、印象も違ってきますし、信頼感も生まれます。
参考にしてください。

メールの基本的な文章

①メールの最初に『○○様』送信相手の名前(肩書きがあれば、肩書きも)を入れます。(※入れない人が多いです)

挨拶を入れます。

『いつもお世話になっています。』
などですね。

初めてメールする相手なら、
『初めてご連絡差し上げます。』
でもいいでしょう。

③自分のことを名乗ります
普段からメールを送っている相手には不要ですが、初めて送る相手にはあなたが何者なのかをまず伝えましょう。
私の場合、『エクセルライティングの戸田と申します』と入れています。

用件を書きましょう。
要点をまとめて、くスッキリとわかりやすく書きましょう。

⑤最後には『よろしくお願いします』なり、『またご連絡差し上げます』なり、もう1度挨拶をして終わります。
自分の名前を入れておくのも忘れないでくださいね。

相手に「このメールは誰から?」なんて、内容を読んで推理させるような真似はしないでくださいね。

自分の親しい相手に送るメールと、ビジネスメールのONとOFFを使い分けられる人は、出会った時にもその魅力が伝わる人だと思います。

 

 

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ