fbpx
  • ママ育の視点
  • コミュニケーションが変わると人間関係が良くなり、人間関係が良くなると人生が変わる

「集中力がない」子供を伸びさせる親の視点~夏休みの宿題にイライラしない進め方~

 

男の子のお母さんの悩みに多いのが

 

うちの子、集中力がない。

・宿題をやり始めてジッとしているのは、もって5分。

・前にやってたコトは途中でもそのまんまで、すぐに次の教科に移る。

・公園でも、他の子は長い時間、砂場遊びしているのに、うちの子はすぐに飽きて、ちがう遊びをする・・・

ゲームだと30分でも1時間でも、続けてるのにっ!

 

分かりますー。
うちの子も、「もって5分」のタイプ。

こんなので、この先大丈夫だろうかと心配にもなりますね。

 

 

ところで、かのエジソンも「もって3分」だったそうです!
母親は、その3分の間に読み聞かせなどをして、エジソンに物事を覚えさせたとか。

3分ずつって、すごく途切れ途切れで短いです。
その短いと感じる感覚は、親側の都合や価値観なのかもしれません。

 

実際に宿題や遊びをするのは、子供。
なので、子供自身がマイペースでできるのが、ベストです!

 

「集中する時間が長い=良い」と言うわけではありません。
「集中する時間が長い=記憶力が良い」と言うわけでもありません。

 

お掃除やお料理など家事のやり方に、あなたの「自分のやり方」はありませんか?

子供も同じように、その子のペースでその子に合ったスタイルで、どうすれば学力や集中力を伸ばせるかが大切。

他人と比べるのではなく、我が子のできることや伸びしろを、ほめてくあげてださい。

夏休みは、子供の「できないところ」にフォーカスして、イライラしがち。
それよりも視点を変えて「できるところ」にフォーカスし、「うちの子に合ったスタイル」を見つけて確実にするとよいですね!

子供が自分でペースをつかんで、グングン伸びていくでしょう。

 

 

Copyright © 2018 ママ育の視点|mamaiku.view All Rights Reserved.

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ