fbpx
  • AI(人口知能)
  • 「人工知能〈AI〉」との共存、共生する世の中を見出し発信。

進むパーソナライズ化。洋服の青山に学ぶ企業のパーソナライズ化戦略とは?

名古屋市栄にオープンした栄広小路店では店内のタッチパネルで全店舗の在庫から好みのスーツを注文することができます。
来店客は採寸後にスタッフの案内でタッチパネルを使い、約1500種類のスーツから好みのデザインや色を選ぶだけで、商品は翌日以降に自宅に届けてくれるシステムです。

店舗側も従来より店舗に在庫を抱えなくてもいいので、売り場面積は3分の1ほどに抑えられたそうですよ。

洋服の青山は今後デジタルラボ型の店舗を増やし、デジタルラボ型店舗の売上高を2年間で34億円に伸ばす計画とのこと。

AIライターが考える生き残る店舗のキーワードとは?

洋服の青山のとても画期的な新型店舗デジタルラボ。ネットショップとリアル店舗の長所をうまく使った画期的な例ですよね。

今後、注目すべきキーワードは

「商品のパーソナライズ化」。

大企業といえども、大量生産の時代は終わった今、一人ひとりに合わせた商品をいかに提供できるかが鍵となっていきます。

ネットもリアルもうまく使って、顧客一人ひとりのニーズに答えていく仕組みを今から作っていきたいですね。

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ