子どもの記憶に残る思い出は、親との時間の量や特別なことよりも〇〇。

市川弘美

 

子どもが大人になったとき、親のどんなことを思い出すんでしょうね。

わたし自身のことを思い返すと、父とはもちろん、母との時間もとっても少ないです。

幼い頃の母の思い出は、

夜遅くまで、洋服やボタンのつくろいをしてくれたこと。
夕ご飯をつくるとき、すり鉢を持たされたこと。
部活から帰ったら、果物を用意してくれていたこと。

こんなかんじです。
こうして見ると、特別なことじゃなくて、日常のひとコマだったりしますね。

 

 

ところで、講演会やセミナーでよく聞かれる質問があります。

普段忙しくて、ゆっくり子どもと面と向かって接する時間が少ないです。
どうすればいいですか。

 

えっとーー。これは私からの提案です。

何か「決まったこと」をする。
儀式のようなものですね。例えば、

・寝る前には絵本を読み聞かせる。
・家に帰ったら、「タカイタカイ」をする。
・おやつの前にジャンケンをして遊ぶ。
・夕ご飯が終わったら、あっち向いてホイをして遊ぶ。

何でもいいんです。
儀式のようなものって、子どもが大人になったときに思い出してくれますよ。

「いっつも、寝る前に絵本を読んでくれた」
「いっつも、タカイタカイしてくれた」

時間にして、数秒か数分~15分ほど。

毎日や週〇回でもやり続けていると、これが「いっつも、~~してくれた」になって、子どもの記憶に残ると思うんです。

 

わたしも、「いっつも、すり鉢持たされた」って思い出になっています。
それは、子どもの頃はメンドウだったのに、大人になってから感じる母との思い出深い温かな時間。

幼い私にとっては、時間の長さや特別なことより、普段の生活で少しでも自分に向き合ってくれることが嬉しかったようですね。

 

忙しくて時間がとれないときは、記憶に残ることをと意識するよりも、ちょっとした楽しいこと、すぐにできること、そんなに時間を取られないことから、無理なくやってみてくださいね。
そして、それを、毎日か週に何回かでも続けてみてください♪

子どもが大人になったとき、「いっつも、〇〇してくれたなぁ」という思い出が、心の土台になることでしょう。

 

 

Copyright © 2018 ママ育の視点|mamaiku.view All Rights Reserved.

コメント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

市川弘美

茶道の楽しさや「和」への感性、そして侘び寂びの「美」について、「茶の湯」のことを分かりやすい表現で文章にし、読者の皆さまへお届けします。

ライター一覧はこちら

こちらの記事もおすすめ

  1. 講座を受けて自分の子育てがどう変わったか④自他分離

  2. どこからが過保護で、どこまでが甘えさせてOKか

  3. 子どもが親に一番怒られる場面は、〇〇のとき~子どもの偏食を改善する2つのこと~

  4. 「似合うわね」よりも「〇〇」が、相手との距離が近くなる

  5. 子どもは空想・あこがれ・夢の中で強くなってから、現実で強くなる

  6. 「子は親の心を映すかがみ」/私の気持ちのありようが、息子をイライラさせキゲンを悪くさせる。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • AI of love アリサ

    いつも子育てのヒントにさせていただいてます!
    もうすぐ妊娠臨月で、あたたかくなってきたのに4歳の息子を中々遠出させてあげれないことに罪悪感を持っていましたが、汗
    特別なことじゃなくてもお家で毎日できることを続けていけばいいのか!!とハッとさせられました^^

    いつも大切な気づきをいただいて、感謝しています!
    これからも記事更新楽しみにしています^^

  1. 『大島食品工業 ミルメーク 』を飲もう!

    2018.04.27

  2. 歪みを整えたら、モテるようになっちゃった!

    2018.04.26

  3. 現在の各ポイント状況!500ポイントのオンワードのポイントを失効し…

    2018.04.26

  4. 女性を生きる妊活⑤ 未婚の母になる選択

    2018.04.26

  5. えり好みをする/こだわる。を英語で言いたい時は?

    2018.04.26

  1. 名古屋の新スポット・金シャチ横丁へいこみゃー!!~後半 宗春ゾ…

    2018.03.28

  2. 名古屋の新スポット・金シャチ横丁へいこみゃー!!~前半 義直ゾ…

    2018.03.27

  3. 春のアロマカウンセリング

    2018.03.26

  4. PTAのメリット・デメリットについて〜デメリット編〜

    2018.03.26

  5. 新学期のストレスを乗り越える!春休みにやっておくことBest3♪

    2018.03.26

Viewトレンド