fbpx
  • 売るオンナの視点
  • 女性の働き方・考え方・生き方に触れることができる情報サイトです。

日本とアメリカではこんなに違う!ゴールドディスクの認定枚数。

本日、グラミー賞が発表されましたね。
最優秀レコード賞はChildish Gambinoの「This is America」だそうです。

その他の受賞者は「https://www.grammy.com」で

「This is America」の売上枚数は米国で100万枚(再生回数も含む)となり、プラチナディスクに認定されています。

プラチナディスクとは?

アメリカでは、RIAA(アメリカレコード協会)が売上枚数によりゴールド、プラチナ、ダイヤモンドディスクを認定しています。

実は、日本の認定枚数はアメリカと違うのをご存知ですか?

日本では、RIAJ(日本レコード協会)が認定していて、それぞれの認定売上枚数は

・ゴールドディスク   10万枚(アメリカでは50万枚)
・プラチナディスク   25万枚(アメリカでは100万枚)
・ダイヤモンドディスク 100万枚アメリカでは1000万枚)

となっています。
詳しくは「日本レコード協会」をご覧ください。
認定する団体が違いますし市場規模も違いますので、その辺りを考えてのことなのでしょう。

実は私も過去にプラチナディスクをいただいたことがあります。
近年はCDの出荷枚数が減りつつあり、なかなかいただけるものではないので大切にしています。
が、またいつかいただけるよう、これからも精進していきます!

他の記事もチェック!

コメント

ViewCafeをフォローして
最新情報をチェックしよう!

こちらの記事もおすすめ